動作確認 anchor.png

サンプルプログラムを使って、コンパイルからプログラムの書き込みまでの一連の操作を実際に行ってみましょう。

Page Top

スぺーサの取り付け anchor.png

  :idea:FDIII-HCは基板上の電子パーツが剥き出しになっており、動作中に導電性の物が接触すると破損します。必ずスペーサを取り付けてから以後の作業を行って下さい。
スペーサを取り付ける際は機器に傷等を付けないように十分に注意して下さい。

FDIII-HCとスペーサ一式を用意します。ネジは短い方を使用します。

spacer1.png

図のようにFDIII-HCの角の穴に表からネジ、裏からスペーサを取り付けます。

spacer2.png

ドライバーでネジを締めます。

spacer3.png

同様に3箇所スペーサを取り付けます。

spacer4.png
Page Top

機器の接続 anchor.png

  :idea:ケーブルの抜き差しを行う際は必ず電源を切った状態で行って下さい。機器が破損する恐れがあります。

FDIII-HCにAX-12AとAX-S1を接続します。
AX-12AとAX-S1はDynamixelケーブル(3線)で3本線用のコネクタに接続します。接続する順番や位置は、3本専用のコネクタであればどこでも構いません。

必ずFDIII-HCの3本線用のコネクタに差し込んで下さい。誤って4本線のコネクタに差し込んだ状態で電源を入れると破損します。
  :idea:
connect1.png


電源スイッチがOFF側になっていることを確認します。

connect2.png

電源延長ケーブルをFDIII-HCに接続します。

connect3.png

電源延長ケーブルとACアダプタを接続します。

connect4.png

ACアダプタをコンセントに接続します。

connect5.png

手順A FDIII-HCにプログラムを書込んでいない場合は、パソコンとFDIII-HCをUSBケーブルで接続します。
手順B FDIII-HCに既にプログラムが書き込まれている場合は、USBコネクタ左横にあるプッシュボタン(PB1)を押しながらUSBケーブルを差し込むことでブートローダのコマンドモードへ移行します。

connect6.png

このときパソコンからUSBケーブル経由でFDIII-HCへ電源が供給され、“ピッ”と音が鳴り、FDIII-HCのLED1が赤く点灯します。

初めて接続した場合は、デバイスドライバのインストールが始まります。Windowsセキュリティによるチェックが発生した場合は「このドライバーソフトウェアをインストールします(I)」を選択して下さい。

driver_warning.png

デバイスドライバはGCC Developer Liteをインストールした際にコピーされていますので、自動検索でインストールが行われます。

デバイスドライバが正しくインストールされない場合は、こちらを参照して下さい。
デバイスドライバが正常に動作していない場合はこちらを参照して下さい。

Page Top

サンプルプログラム anchor.png

FDIII-HCに書き込むサンプルプログラムを示します。

#include <fd.h>
void main (void) {
  uint8_t ir = 0;

  fd_Wait (2000);

  // 初期化
  fd_SetBeepCondition (FD_BEEP_MMI | FD_BEEP_PACKETERR | FD_BEEP_LOWVOLTAGE | FD_BEEP_BOOTUP);
  fd_SetUVThreshold (7.4);
  DX_ChangeBaudrate (1000000);

  // 状態確認
  fd_printf("Present Voltage[x10] = %d\n", fd_GetPresentVoltage ());
  fd_printf("Ping to AX-12        = %s\n", DX_Ping (1, 500, NULL) ? "OK" : "NG");
  fd_printf("Ping to AX-S1        = %s\n", DX_Ping (100, 500, NULL) ? "OK" : "NG");

  // 出力制限(50%)
  fd_DXSetTorqueLimit (1, 511);
  // 無限回転モードOFF
  fd_DXSetEndlessTurn (1, false);

  // コンソールからの入力があるまで繰り返す
  while (!fd_rx_buff()) {
    // AX-S1より赤外線センサ(正面)の反射率計測
    if (DX_ReadByteData (100, 27, &ir, 50, NULL)) {
      fd_printf ("\rAX-S1 Front IR = %3d\33[K", ir);
      if (ir > 100) {
        // Dynamixelのポジション書込み
        fd_DXSetPosition (1, 300);
      } else {
        // Dynamixelのポジション書込み
        fd_DXSetPosition (1, 512);
      }
    } else {
      fd_printf ("\rRead from AX-S1:NG\33[K", ir);
    }
    // 50ミリ秒の待ち
    fd_Wait (50);
  }
  // 位置決め制御停止
  fd_DXEnableControl (1, false);
}

サンプルプログラムをダブルクリックして選択状態にし、「Ctrl+C」又は右クリックして「コピー(C)」を選択してコピーします。改行のエスケープシーケンス記号は表示上バックスラッシュ+nとなっていますが、日本語環境へコピーするとバックスラッシュは円記号として表示されます。


デスクトップのGCC Developer Liteアイコンをダブルクリックします。

gcc_open1.png

GCC Developer Lite上で「Ctrl+V」又は右クリックして「貼り付け(P)」を選択してペーストして下さい。

gcc_save1.png

メニューより「名前を付けて保存」を選択します。

gcc_save2.png

ローカルディスクを選択し、「新しいフォルダーの作成」ボタンをクリックします。

gcc_save3.png

新しいフォルダが作成され、フォルダ名を入力できる状態になりますので「sample」と入力し、Enterキーを押します。

gcc_save4.png

作成したsampleフォルダをダブルクリックし、sampleフォルダ内に入ります。 ファイル名に「AutomaticDoor.c」を入力し、保存ボタンをクリックします。

gcc_save5.png
Page Top

コンパイルオプションの設定 anchor.png

メニューの「ツール」→「コンパイルオプション」をクリックします。

gcc_option1.png

コンパイルオプション画面内、設定リストのリストボックス右端にある下向き矢印のリストボタンをクリックし、リストを表示します。そのリストから「FREEDOM III library for FDIII-HC」を選択します。“OKボタンを押すと、「FREEDOM III library for FDIII-HC」の設定を行います。”というメッセージが表示されるので「OK」をクリックします。

gcc_option2.png

1度コンパイルを行うとコンパイルオプションの設定は保存されるため、次回からは再度設定する必要がなくなります。

Page Top

ビルドする anchor.png

メニューの「コンパイル」→「ビルド」をクリックします。 この時、人が書いたC言語はコンピュータが理解できる機械語に変換されます。

gcc_compile1.png

コンパイル<成功>のポップアップウィンドウが表示されたら「OK」をクリックします。

gcc_compile3.png

SIMPLE TERMが起動します。

sterm1.png
Page Top

SIMPLE TERMの設定 anchor.png

まず機器の接続が完了していることを確認します。


メニューの「ファイル」→「プロパティ」をクリックします。

sterm2.png

プロパティ画面内、Connect toのリストボックス右側にある下向き矢印ボタンをクリックし、リストを表示します。そのリストの中から「AT91 USB to Serial Converter」と書かれているCOMポートを選択します。COMポートには番号が振られていますが、番号は使用環境によって異なります。

sterm3.png

もし「AT91 USB to Serial Converter」と書かれているCOMポートが見つからない場合は、デバイスドライバのインストールを参照して下さい。


sterm4.png

その他は以下の通り設定して「OK」をクリックします。

Baudrate:ここではリストからどの数値を選択しても構いません
Databits:8
Stopbits:1
Parity:Non
Flow Control:Non
Protocol:Xmodem

メニューの「通信」→「ポートオープン」をクリックします。

sterm5.png
Page Top

プログラムの転送 anchor.png

< FDIII VerX.X by BestTechnology > (X.Xはブートローダのバージョンにより異なる)と表示されることを確認して下さい。ブートローダのコマンドモードに入ると必ず最初にこのように表示されます。

sterm6.png

このメッセージが表示されない場合は、こちらの詳細な手順を確認してみてください。


スクリプト実行ボタン(走る人のマーク)をクリックします。プログラムの転送が始まるので完了まで数秒待ちます。

sterm7.png

<SUCCESS>と表示されたら転送完了です。

sterm8.png
Page Top

プログラムの実行 anchor.png

FDIII-HCの電源をONにします。AX-12AとAX-S1に電源が供給されるとAX-12AのLEDが一瞬点灯し、AX-S1から“ピッ”という起動音がします。

execute1.png

SIMPLE TERM上でキーボードの「g」を入力します。書き込んだプログラムが実行されると、“ピッピッ”という音が確認できます。

execute2.png

AX-S1の上方向のセンサに手を近づけるとAX-12Aのホーンが回転し、手を放して少し待つと元の位置に回転します。
SIMPLE TERM上でキーボードの適当なキーを入力するとブートローダのコマンドモードに戻ります。

execute3.png

プログラム実行中にブザーが鳴り続ける場合は、エラーが発生していますので以下を確認して下さい。

  • AX-12AとAX-S1がFDIII-HCに接続されているか
  • FDIII-HCの電源スイッチがONになっているか
  • 電源アダプタがコンセントに接続されているか

次のチャプターへ

FDIII-HC Starter Kit Guideに戻る


Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Last-modified: 2013-04-09 (Tue) 23:36:38 (JST) (2786d)