ショップページへ

E133C_3D.png

概要 anchor.png

DXSHIELDはDynamixelシリーズと通信するためのI/F(RS-485・TTL)をArduinoに増設するシールドです。両I/Fのコネクタに電源を分配する機能も合わせ持ちます。
また、DXSHIELDのI/Fで通信できるデバイスであれば、Dynamixel以外のサーボモータにも適用できます。

※本製品は半田付け作業を要求します。
※旧バージョンのBTE074に対してジャンパの追加やI/F部分のモジュール化などの仕様変更がなされています。

Page Top

仕様 anchor.png

Page Top

同梱内容 anchor.png

型式等数量備考
本体1E133C
I/F変換ボード1TTL2DXIF
電源コネクタキット1式ハウジング JST VHR-2N x1
コンタクト JST SVH-21T-P1.1 x2
ベース付ポスト JST B2P-VH-B x1
ジャック CUI PJ-047AH x1
シールド用ピンソケット1式6P x1, 8P x2, 10P x1
ジャンパ3個 
Page Top

基本仕様 anchor.png

品番BTE074B
PCBリビジョンE133C (2層)
動作温度範囲0~60℃ 結露なきこと
外形寸法約52x53mm
重量
電源CN1/CN12:DC6~24V (Dynamixelが要求する電源)
内部ロジック:DC5V±5% (Arduinoより供給)
コネクタ等JST B4B-EH x5
JST B3B-EH x5
各I/F仕様TTL2DXIFに準拠

Page Top

内部簡略ブロック anchor.png

E133C_block.png
Page Top

外観・レイアウト anchor.png

topside
3D
E133C_TOP.png
E133C_SIDEp.png
E133C 3D pdf
※ダウンロードした上でAcrobat Readerで閲覧の事

※出荷時にピンソケット・電源用コネクタ・TTL2DXIFは未装着

Page Top

回路図 anchor.png

※D1・D2・U1・J1~8・CN1・CN12・CN13~16・C2は未装着

Page Top

各機能詳細 anchor.png

Page Top
J1,J5 anchor.png
E133C_J1_5.png
  • 2.54mmピッチ 10ピンシングルラインヘッダ用ランド
  • J1とJ5の各端子は相互に接続
  • Arduinoと接続する際はJ1に任意のピンソケット等を装着
    Pin No.NameUsed in DXSHIELD
    1IO8yes
    2IO9yes
    3IO10/SSno
    4IO11/MOSIno
    5IO12/MISOno
    6IO13/SCKno
    7GNDyes
    8AREFno
    9AD4/SDAno
    10AD5/SCLno
Page Top
J2,J6 anchor.png
E133C_J2_6.png
  • 2.54mmピッチ 8ピンシングルラインヘッダ用ランド
  • J2とJ6の各端子は相互に接続
  • Arduinoと接続する際はJ2に任意のピンソケット等を装着
    Pin No.NameUsed in DXSHIELD
    1IO0/RXyes
    2IO1/TXyes
    3IO2no
    4IO3no
    5IO4no
    6IO5no
    7IO6no
    8IO7no
Page Top
J3,J7 anchor.png
E133C_J3_7.png
  • 2.54mmピッチ 8ピンシングルラインヘッダ用ランド
  • J3とJ7の各端子は相互に接続
  • Arduinoと接続する際はJ3に任意のピンソケット等を装着
    Pin No.NameUsed in DXSHIELD
    1-no
    2IOREFno
    3RESETno
    43V3no
    55Vyes
    6GNDyes
    7GNDyes
    8Vinyes
Page Top
J4,J8 anchor.png
E133C_J4_8.png
  • 2.54mmピッチ 6ピンシングルラインヘッダ用ランド
  • J4とJ8の各端子は相互に接続
  • Arduinoと接続する際はJ4に任意のピンソケット等を装着
    Pin No.NameUsed in DXSHIELD
    1AD0no
    2AD1no
    3AD2no
    4AD3no
    5AD4/SDAno
    6AD5/SCLno
Page Top
U1 anchor.png

TTL2DXIF装着前のDXSHIELD

E133C_U1.png

TTL2DXIF装着後のDXSHIELD

E133C_E150.png
  • 向きを間違えないようにTTL2DXIFのJ1とJ2の全てのランドを実装
  • TTL2DXIFのCN1とCN2にコネクタが実装されている場合でも、それらを使用する事は可能
  • TTL2DXIFをDXSHIELD以外で使用する場合は、J1とJ2に着脱式のコネクタを装備すると良い
Page Top
JP1 anchor.png
E133C_JP1.png
  • DXSHIELDの電源をArduinoの外部電源として供給する場合に使用
  • ショート:CN1もしくはCN12から供給された電源をArduinoのVinに分配
    CN1もしくはCN12に供給する電圧はArduinoのVinが許容する電圧範囲を守る事
  • オープン:CN1もしくはCN12から供給された電源とArduinoのVinを切断
    CN1もしくはCN12とArduinoのVin各々に電源を供給するか、USBバスパワーで動作するArduinoであればPCとArduinoをUSBケーブルで常時接続する事
:idea:JP1をショートした状態でArduinoのVinから電源を供給してはならない。
CN2~CN11の電源がJP1を介してArduinoより供給されるため、使用デバイスの負荷条件によってはJP1等の許容電流を超え基板が損傷する。
:idea:JP1をショートした状態でCN1もしくはCN12とArduinoの外部電源に各々個別の電源を供給してはならない。
両電源が短絡するため、電源や負荷の条件によってはJP1や基板のみならず電源までが損傷する。
Page Top
JP2 anchor.png
E133C_JP2_3.png
  • SW1で選択された送信端子とTTL2DXIFのRXDを接続
  • ショート:I/FボードのRXD端子にDXSHIELD上の信号を接続
    SW1の機能が利用可能
  • オープン:I/FボードのRXD端子をDXSHIELD上の信号から切断
    SW1は一切機能しない
  • 2ピン側にTTL2DXIFのRXD端子が接続
Page Top
JP3 anchor.png
E133C_JP2_3.png
  • SW1で選択された受信端子とTTL2DXIFのTXDを接続
  • ショート:I/FボードのTXD端子にDXSHIELD上の信号を接続
    SW1の機能が利用可能
  • オープン:I/FボードのTXD端子をDXSHIELD上の信号から切断
    SW1は一切機能しない
  • 2ピン側にTTL2DXIFのTXD端子が接続
Page Top
SW1 anchor.png
E133C_SW1.png
  • 3Tスライドスイッチ
  • シリアル通信に使用するArduinoの送受信端子を3パターンから選択
    詳細はこちら
  • SW1の機能を使用する場合はJP2及びJP3はいずれもショート状態である事
Page Top
CN1 anchor.png

B2P-VH-Bを実装して使用。CN12を同時に実装する事はできない。

E133C_CN1.png
  • JST B2P-VH-B
  • JP1をショートするとArduinoのVin端子へ本電源が接続
    その場合はArduinoのVinが許容する電圧範囲である事
  • CN2~6,CN7~11のVDD/GND端子へ接続
    PWR_connector.png
:idea:電源の逆接続は電源回路の即時破壊・全損扱いとなる。
Page Top
CN12 anchor.png

BPJ-047AHを実装して使用。CN1を同時に実装する事はできない。

E133C_CN12.png
  • CUI PJ-047AH
  • 対応プラグ外形5.5mm, 内径2.1mm
  • 極性 センタープラス
    E133_CN12Pole.png
  • JP1をショートするとArduinoのVin端子へ本電源が接続
    その場合はArduinoのVinが許容する電圧範囲である事
  • CN2~6,CN7~11のVDD/GND端子へ接続
Page Top
CN2~CN6 anchor.png
E133C_CN2_6.png
  • JST B3B-EH
  • TTL I/Fを搭載したDynamixelシリーズ用のコネクタ
  • 5つのコネクタの各端子はいずれも内部で並列に接続
  • TTL I/Fと電源は以下の端子に接続
    B3B-EH.png
    端子番号信号名
    1GND
    2VDD
    3SIGNAL(BIDIRECTION)
Page Top
CN7~CN11 anchor.png
E133C_CN7_11.png
  • JST B4B-EH
  • RS-485 I/Fを搭載したDynamixelシリーズ用のコネクタ
  • 5つのコネクタの各端子はいずれも内部で並列に接続
  • RS-485 I/Fと電源は以下の端子に接続
    B4B-EH.png
    端子番号信号名
    1GND
    2VDD
    3RS-485 D+
    4RS-485 D-
Page Top
ユーザランド anchor.png
E133C_URAND.png
  • 2.54mmピッチランド
  • 工作用
  • 5V0のシルクの囲みはArdunioから供給される5V、GNDのシルクの囲みはGNDに接続済
    それ以外のランドはフリー
Page Top
C2 anchor.png
E133C_C2.png
  • 必要に応じてデカップリングコンデンサを装備
    100uF以上の容量を推奨
Page Top

使用方法 anchor.png

Page Top

対応するデバイス anchor.png

I/FDevice Name
TTLDynamixel AX・MX(TTL版)・XLシリーズ全般・XM(TTL版), DXMIO(TTL版), ToFセンサ(TTL版)
RS-485Dynamixel DX・RX・EX・MX(RS-485版)・XM(RS-485版)・XH・PROシリーズ全般, UD3, UD3.5, UD4, USS3, DXMIO(RS-485版), ToFセンサ(RS-485版)

要求される電源電圧と対応するプロトコルが同じであれば、I/Fを問わず同時に使用できます。

Page Top

接続方法 anchor.png

ここでは予めJP1~JP4に同梱のピンソケットが、CN1ないしCN12には電源供給用のコネクタないしジャックが装着されているものとします。

  1. ArduinoにDXSHIELDをスタックさせる。その際に両基板のピンソケット以外が物理的に接触していない事。他のシールドを同時に使用する際は、DXSHIELDが使用している端子に十分配慮する事。
    E133C_uno.png
  2. Dynamixelのコネクタと同じDXSHIELD上のコネクタ同士を接続する。DXSHIELDにはTTL・RS-485 I/F共に各々5個のコネクタが装備されているが、I/Fの種類が一致してさえいればどのコネクタを使用しても構わない。
  3. DXSHIELDのCN1ないしCN12からDynamixelが要求する仕様の電源を供給する。この時絶対に電源の極性を間違えてはならない。
  4. DXSHIELDのJP1がオープンの場合はArduino本体への電源供給が必要なため、別途USBケーブルやACアダプタをArduinoへ接続して電源供給する。
    DXSHIELDのJP1がショートの場合はCN1からの電源がArduinoへも分配されるので、別途ArduinoへACアダプタを使って給電する必要がない。
E133C_ASM.png
Page Top

モード選択 anchor.png

Arduinoの種類に依存する部分が多々ありますが、ここではDXSHIELDをArduino UNOに装着して使用する前提として3つのモードを説明します。

Page Top
ソフトウェアシリアルモード anchor.png

ArduinoのIO8・IO9ピンをソフトウェアシリアルで構成しDynamixelと通信するモードです。ArduinoのUSBシリアル通信機能(ハードウェアシリアル)はDynamixelの制御以外の目的に使用できます。
Arduinoには任意の端子をシリアル通信の送受信端子として使用するSoftwareSerialライブラリが用意されています。最大57600bps程度であれば概ね実用レベルです。
JP2JP3はいずれもショートさせ、SW1を図の位置(SOFT)に切り替えます。

E133C_SW1_SOFT.png

本設定によりArduinoのデジタル入出力端子のうちIO8とIO9をソフトウェアシリアル用の端子として使用するため、この2つの端子は他の目的で使用してはなりません。
また、Arduinoにユーザのスケッチを転送する際は、無条件に本モードに変更しておかないと転送に失敗します。

Page Top
ハードウェアシリアルモード anchor.png

ArduinoのIO0・IO1ピンをハードウェアシリアル(Serial0)で構成しDynamixelと通信するモードです。ArduinoのIO0・IO1に接続されたUSBシリアル通信機能を犠牲にしても高速かつ安定した通信を要求する場合にの設定です。
予めソフトウェアシリアルモードにおいてライブラリによる制御の理解が得られ、スケッチの書き込み時以外にUSBシリアルによる通信を必要としない場合に本設定を選択します。
JP2JP3はいずれもショートさせ、SW1を図の位置(HARD)に切り替えます。

E133C_SW1_HARD.png

本設定を行った場合は、自身のスケッチでSerialライブラリを使用してはなりません。また、IO0・IO1ピンとUSBシリアル通信機能は他の目的で使用する事ができません。
なお、スケッチをコンパイルして描き込む際は、本設定が電気的にUSBシリアル通信機能に影響を及ぼすため、その都度ソフトウェアシリアルモードに切り替える必要があります。

Page Top
USBパススルーモード anchor.png

Arduinoに搭載されたUSBシリアル通信機能を用いてPCなどからDXSHIELDをDXHUBライクに直接使用するモードです。Dynamixelの内部パラメータの変更や制御をPCから行う場合は本設定を行います。
まずArduino IDEにてデフォルトで生成されるコード(コードとしては意味を持たない無限ループするだけのスケッチ)をコンパイルし、予めArduinoに書き込んでおきます。このほぼ空のスケッチはDigital I/Oやシリアル通信を使用しないため、PCとDynamixel間の通信を阻害しません。なお、これに該当する独自スケッチであればこの限りではありません。

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
}

void loop() {
  // put your main code here, to run repeatedly:
}

DXSHIELDをソフトウェアシリアルモードに設定してこの何もしないスケッチを書き込んだ後、USBパススルーモードにします。
JP2JP3はいずれもショートさせ、SW1を図の位置(THROUGH)に切り替えます。

E133C_SW1_THROUGH.png

なお、ArduinoのUSBシリアルを担うマイコンに書き込まれているファームウェアの都合で、大きなデータを連続で送受信する事ができません。プロトコルV1を装備するDynamixelシリーズであれば概ね問題はありませんが、プロトコルV2を装備するDynamixelシリーズではコントロールテーブルの拡大に伴いこの問題が露見します。
また、ArduinoのUSBシリアルとRoboPlusとの相性もよろしくないので、本モードを積極的に使用する事は推奨しません。

Page Top

ソフトウェア anchor.png

Page Top
Dynamixel Configurator, RoboPlus anchor.png

DXSHIELDをUSBパススルーに設定にする事で、Dynamixelのコントロールテーブルの状態をモニタしたりパラメータの変更や動作確認を簡便に行うソフトウェアであるDynamixel Configuratorが利用できます。
公開されているバージョンはWindows版のみとなります。

dxconf.png

Dynamixel Configuratorの詳細はこちらにて。

またROBOTIS社提供のRoboPlus 1.0RoboPlus 2.0が一部使用できます。

r+2_top.png

一部というのは、ArduinoのUSBシリアル通信機能は過度なトラフィックがかかるとデータがドロップするのと、RoboPlusにおいて検索を行わせている最中にボーレートの切り替えが発生するとArduinoが再起動する場合がある事がわかっていますので、USBパススルーモードでのRoboPlusの使用は推奨できません。

Page Top
Dynamixel Library for PC anchor.png

DXSHIELDをUSBパススルーにする事で、Dynamixel Libraryを併用してシリアル通信やプロトコルを意識せずにPCから制御する事ができます。

詳細はDYNAMIXEL Protocol 1.0 LibraryDYNAMIXEL Protocol 2.0 Libraryにて。

なお、ArduinoのUSBシリアル通信機能は過度なトラフィックがかかるとデータがドロップするため、運用には予め十分な検証を行っておくべきです。

Page Top
Dynamixel Library for Arduino anchor.png

DXSHIELDをソフトウェアシリアルもしくはハードウェアシリアルモードに設定した場合、ArduinoのスケッチからDynamixelを制御するためのライブラリが利用できます。
PC版DYNAMIXEL Protocol 1.0/2.0 Libraryと同様にプロトコルやシリアル通信を意識せずともコントロールテーブルへの読み書きが行えますが、Arduino版は一部機能を限定したサブセット版となります。

  • ライブラリのダウンロード(Arduino UNO/MEGAを想定)
    • Dynamixel Protocol V.2に対応
      低位の送受信関数追加
      32bitデータの送受信関数追加
      アドレスとサイズに関する引数は全て16bitに統一

DXLIBのインストールは、ArduinoのIDEの「スケッチ→ライブラリのインクルード→.ZIP形式のライブラリをインストール...」メニューを使用してダウンロードしたZIPファイルを選択するだけです。
インストールが完了すると、ユーザーフォルダ配下に「Arduino/libraries/dxlib」が作られ、ライブラリのソースといくつかのサンプルプログラムがその中に展開されます。詳しくはサンプルプログラムとライブラリのソースを参照して下さい。

DXLIB v1.2以降で使用できるヘッダファイルとAPIは以下の通りです。

  • dxlib.h
    DYNAMIXEL Communiation Protocol 1.0対応デバイスを対象とする場合、dxlib.hをスケッチにインクルードする事でDXLIBクラスが利用できるようになります。なお、Arduinoのリソースの都合から、dx2lib.hとの共存はできません。
    #include <dxlib.h>
    DXLIB dxif (true); // select software serial
    void setup() {
      dxif.begin (57600);
    }
  • dx2lib.h
    DYNAMIXEL Communiation Protocol 2.0対応デバイスを対象とする場合、dx2lib.hをスケッチにインクルードする事でDX2LIBクラスが利用できるようになります。なお、Arduinoのリソースの都合から、dxlib.hとの共存はできません。
    #include <dx2lib.h>
    DX2LIB dxif (true); // select software serial
    void setup() {
      dxif.begin (57600);
    }
  • DXLIB/DX2LIB (bool ss, HardwareSerial *hws, uint8_t rxpin, uint8_t txpin)
    ヘッダファイルに応じてDXLIBないしDX2LIBいずれかのクラスが使用できます。同時にソフトウェアシリアルの使用(ss)・ハードウェアシリアルオブジェクト(hws)・受信端子(rxpin)・送信端子(txpin)を指定した上でオブジェクトを生成できます。
    なお、ssにtrueを指定したらソフトウェアシリアルモード、falseを指定したらハードウェアシリアルモードにDXSHIELDを設定しなくてはなりません。
    また、hwsrxpintxpinは通常指定する必要はありませんが、他のSHIELDやArduinoの機能の都合で使用できない場合に限り指定します。
    #include <dx2lib.h>
    // dxifの名前でDynamixel Protocol V.2 Libraryをインスタンス化
    // ソフトウェアシリアルモードで使用
    DX2LIB dxif(true);
  • void DXLIB/DX2LIB::begin (long baud)
    ライブラリを使用可能にします。引数(baud)にはDynamixelに設定されたボーレートを指定します。
    なお、選択したモードにより使用できるボーレートに制限があります。
    // 生成されたdxifを57143bpsで初期化
    void setup() {
      dxif.begin (57143);
    }
  • bool DXLIB/DX2LIB::TxPacket (uint8_t id, uint8_t inst, uint8_t *param, uint16_t len)
    指定されたID(id)・インストラクション(inst)・パラメータ(param)・パラメータ長(len)のインストラクションパケットを送信します。
    // ID=1へPingインストラクションパケットを送信
    dxif.TxPacket (1, 0x01, NULL, 0);
  • bool DXLIB/DX2LIB::RxPacket (uint8_t *rdata, uint16_t rdatasize, uint8_t *rid, uint16_t *rlen, uint8_t *err)
    ステータスパケットを受信します。成功するとパケット内のパラメータがrdataへコピーされ、そのパラメータのサイズがrlenに返されます。なお、ステータスパケットを受信するのに十分なサイズを確保し、そのポインタをrdataへ、サイズをrdatasizeに指定します。ridにはID、errにはDynamixelのエラーが返ります。
    uint8_t buf[10], id, err;
    uint16_t len;
    // ID=1へPingインストラクションパケットを送信
    dxif.TxPacket (1, 0x01, NULL, 0);
    // ステータスパケットを受信
    dxif.RxPacket (buf, sizeof (buf), &id, &len, &err)
  • bool DXLIB/DX2LIB::ReadByteData (uint8_t id, uint16_t addr, uint8_t *data, uint8_t *err)
    指定されたID(id)・アドレス(addr)から8ビットのデータをdataへ読み出します。errにはDynamixelのエラーが返ります。
    // ID=1のAX-12のLEDを取得
    uint8_t led;
    dxif.ReadByteData (1, 25, &led, NULL);
  • bool DXLIB/DX2LIB::ReadWordData (uint8_t id, uint16_t addr, uint16_t *data, uint8_t *err)
    指定されたID(id)・アドレス(addr)から16ビットのデータをdataへ読み出します。errにはDynamixelのエラーが返ります。
    // ID=1のAX-12からPresentPositionを取得
    uint16_t ppos;
    dxif.ReadWordData (id, 36, &ppos, NULL);
  • bool DXLIB/DX2LIB::ReadLongData (uint8_t id, uint16_t addr, uint32_t *data, uint8_t *err)
    指定されたID(id)・アドレス(addr)から32ビットのデータをdataへ読み出します。errにはDynamixelのエラーが返ります。
  • bool DXLIB/DX2LIB::WriteByteData (uint8_t id, uint16_t addr, uint8_t data, uint8_t *err)
    指定されたID(id)・アドレス(addr)・8ビットのデータ(data)をDynamixelに書き込みます。errにはDynamixelのエラーが返ります。
    // ID=1のAX-12のLEDを点灯
    uint8_t err;
    dxif.WriteByteData (id, 25, 1, &err);
  • bool DXLIB/DX2LIB::WriteWordData (uint8_t id, uint16_t addr, uint16_t data, uint8_t *err)
    指定されたID(id)・アドレス(addr)・16ビットのデータ(data)をDynamixelに書き込みます。errにはDynamixelのエラーが返ります。
    // ID=1のAX-12のGoalPositionを511に変更
    dxif.WriteWordData (id, 30, 511, NULL);
  • bool DXLIB/DX2LIB::WriteLongData (uint8_t id, uint16_t addr, uint32_t data, uint8_t *err)
    指定されたID(id)・アドレス(addr)・32ビットのデータ(data)をDynamixelに書き込みます。errにはDynamixelのエラーが返ります。
  • bool DXLIB/DX2LIB::WriteSyncByteData (const uint8_t *pid, uint16_t addr, const uint8_t *pdata, int num)
    指定されたid数(num)分のIDの配列(pid)・アドレス(addr)・8ビットのデータ配列(pdata)をDynamixelに書き込みます。
    // ID=1~5の5個のAX-12のLEDへ点滅を指令
    uint8_t ids={1,2,3,4,5};
    uint16_t leds={1,1,1,1,1};
    dxif.WriteSyncByteData (ids, 30, leds, 5);
  • bool DXLIB/DX2LIB::WriteSyncWordData (const uint8_t *pid, uint16_t addr, const uint16_t *pdata, int num)
    指定されたid数(num)分のIDの配列(pid)・アドレス(addr)・16ビットのデータ配列(pdata)をDynamixelに書き込みます。
    // ID=1~5の5個のAX-12に個別のGoalPositionを指令
    uint8_t ids={1,2,3,4,5};
    uint16_t poss={100,200,300,400,500};
    dxif.WriteSyncWordData (ids, 30, ppos, 5);
  • bool DXLIB/DX2LIB::WriteSyncLongData (const uint8_t *pid, uint16_t addr, const uint32_t *pdata, int num)
    指定されたid数(num)分のIDの配列(pid)・アドレス(addr)・32ビットのデータ配列(pdata)をDynamixelに書き込みます。
  • bool DXLIB/DX2LIB::Ping (uint8_t id, uint16_t *err)
    指定されたID(id)のDynamixelを検索します。errにはDynamixelのエラーが返ります。
  • bool DXLIB/DX2LIB::Reset (uint8_t id, uint16_t *err)
    指定されたID(id)のDynamixelを出荷時状態に戻します。errにはDynamixelのエラーが返ります。

また、Arduino IDEのバージョンによっては「SoftwareSerial.h: No such file or directory」のコンパイルエラーが発生しますので、その場合は自信のスケッチの先頭に以下の1行を挿入してコンパイルします。

#include <SoftwareSerial.h>
Page Top

その他 anchor.png

Page Top

DXSHIELDのTTL・RS-485 I/Fについて anchor.png

  • 送信はTTL・RS-485の両I/Fに対して同時に行われ、受信はTTL・RS-485の両I/FがOR接続されているため同時に受信できない。
  • Arduino側では送受信の切り替えタイミングを意識する必要はないが、半二重通信である事は十二分に意識する必要がある。
  • TTL・RS-485のいずれのI/Fにかかわらず同じIDを持ったDynamixelが存在してはならない。
  • TTLとRS-485のI/F間をまたいだ送受信はできないため、TTL・RS-485の両I/FにDynamixelが接続された環境において一部のインストラクションが正常動作しない。
Page Top

Arduino MEGAでの使用 anchor.png

少しの改造でDXSHIELDをArduino MEGAで使用する事ができます。DXSHIELDは次の図の位置に装着します。

E133C_mega.png
Page Top
ハードウェアシリアルモード(Serial0以外) anchor.png

Serial0を利用する限りUNOと同様の運用になります。MEGAに備わっているSerial1~Serial3のハードウェアシリアルポートを利用する際は以下に従います。

  • JP2JP3はオープンにする。
  • SW1はどの位置にあっても構わない。
  • Serial3を利用する際は、DXSHIELDのJP3-2とMEGAのIO15(RX3)、JP2-2とMEGAのIO14(TX3)を各々ジャンパ線等でつなぐ。
    Serial2ならJP3-2とIO17(RX2)、JP2-2とIO16(TX2)をつなぐ。
    Serial1ならJP3-2とIO19(RX1)、JP2-2とIO18(TX1)をつなぐ。
    E133C_mega_hard.png
  • 使用するSerial??に合わせてクラスの初期化を変更(DXLIB v1.2以降でサポート)。
    DXLIB dxif (false, &Serial3);
    
    DX2LIB dxif (false, &Serial3);
Page Top
ソフトウェアシリアルモード anchor.png

MEGAの仕様上IO8がソフトウェアシリアルとして使用する事ができないため、UNOで想定するソフトウェアシリアルモードで運用する事ができません。それでもソフトウェアシリアルで使用する場合は、MEGAのハードウェアシリアルモードと同様にJP2-2とJP3-2を直接MEGAのソフトウェアシリアルとして利用できる任意の端子に直結します。

  • JP2JP3はオープンにする。
  • SW1はどの位置にあっても構わない。
  • 接続した端子に合わせてクラスの初期化を変更。
    DXLIB dxif (true, NULL, 10, 9); // rxpin IO10, txpin IO9
    
    DX2LIB dxif (true, NULL, 10, 9); // rxpin IO10, txpin IO9
Page Top
USBパススルーモード anchor.png

UNOのUSBパススルーモードと同様です。

Page Top

注意事項 anchor.png

  • いずれの端子も絶縁されていない。そのためArduinoとPCをUSBケーブルで活線接続した際に、突入電流などでPCがArduinoを認識しない問題が生じる事がある。そういった場合は、USBISOでPCのUSBポートを絶縁する事で解消する。
  • Dynamixelシリーズがサポートする2M[bps]を超えるボーレートは、Arduino UNOの機能に依存するため使用できない。必ず2M[bps]以下で運用する事。
  • USBパススルーを積極的に使用したいのであれば、Arduino UNO互換のNerOモジュールをお勧めする。
    USBシリアル変換チップにATmega16U2ではなくFT231Xが搭載されているので、バッファフローの問題解消や最大通信速度の向上が期待できる。

Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Last-modified: 2018-12-03 (Mon) 22:03:00 (JST) (367d)