ショップページへ

概要 anchor.png

透過型フォトインタラプタとコードホイールのセットです。90度の位相を持った2相のパルス信号が得られますので、回転速度や回転方向を検出する目的で使用できます。
なお、フォトインタラプタとコードホイールは完全に分離しています。

Page Top

基本仕様 anchor.png

商品番号BTE030
電源電圧DC5V±10%
動作温度0~70℃
消費電流20mA以下
応答周波数最大20kHz
出力信号A相・B相デジタル出力
TTLコンパチブル出力
スリット数90本
コードホイール直径φ24mm
重量センサ 1g
コードホイール 1g
Page Top

使用方法 anchor.png

Page Top

センサ基板の端子および内部回路 anchor.png

接続の際には表裏・ピン番号に注意してください。

  • 基板はんだ面より見た図
    BTE030_layout.png
  • 基板内部回路
    BTE030_sch.png
Page Top

CPUボード等への取り込み anchor.png

センサからの出力信号はレシオメトリックのため、電源に5Vを印加した場合は5V/0Vの出力が得られます。
また下図のようにLEDを接続する事で、出力信号を視認できるようになります。

BTE030_cpu.png
:idea:回転中のコードホイールには触れないよう十分注意してください。怪我、変形等の原因になります。
本センサの出力信号のデューティーを50%にするには、コードホイールとのギャップ(KE-203仕様書にあるGap)は0.7mmではなく1.4mmを推奨しますが、オシロスコープ等で実際の波形を確認しながら調整してください。
Page Top

データシート等 anchor.png

  • 透過型フォトインタラプタ
    KE203
  • コードホイール
    BTE030_datasheet3.png
  • ボス
    BTE030_boss.png
  • 推奨取付位置
    BTE030_OpticalCenter.png

Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Last-modified: 2013-09-30 (Mon) 17:54:43 (JST) (2778d)