ショップページへ

概要 anchor.png

H8/3694Fマイコンボードは、ルネサスエレクトロニクス製16bit RISC CPU H8/3694Fを搭載した小型マイコンボードです。小さいながらタイマやA/Dコンバータを内蔵しており、プログラム開発言語にC言語を使用できるマイコンです。

Page Top

基本仕様 anchor.png

商品番号BTC064B
PCBリビジョンE002B (2層)
CPURenesas HD64F3694FPV
クロックシステムクロック 20MHz
サブクロック 32.768kHz
動作温度0~+40℃
動作電圧DC4.5~5.5V (絶対最大定格 DC6V) 最低動作電圧 DC3.0V (動作を保証するものではない)
消費電流30mA (MAX)
寸法W32×D27mm (参考)
コネクタ等モード切替スイッチ×1、20ピン端子×2、RS232C通信用ピンヘッダ×1、基板裏面にSOICタイプのシリアルEEPROM(X24C256相当)装備(ジャンパにてIICバス切り離し可)、リセットIC装備、リセットボタン×1
環境配慮RoHS準拠, 鉛フリー半田
Page Top

外観 anchor.png

topbottom
H8_3694F_TOP.png
H8_3694F_BOTTOM.png
Page Top

回路図 anchor.png

  • ロットによりU2の型番が異なる
  • U1のRES端子はCN1ないしCN2に接続されない
  • U1のNMI及びP85端子はボード上でVCCへプルアップされる
Page Top

端子配置・外形 anchor.png

H8_3694F_LAYOUT.png
Page Top

コネクタ・端子・スイッチ等 anchor.png

Page Top
CN1 anchor.png
  • 2.5mmピッチ2列×10ピン
  • 推奨ピンヘッダ:ヒロセ電機 HIF3H-20PB-2.54DSA
  • 推奨レセプタクル:ヒロセ電機 HIF3H-20DA-2.54DSA
    No.端子名No.端子名
    1GND2VCC
    3P854P86
    5P876P20/SCK3
    7P21/RXD8P22/TXD
    9P14/IRQ010P15/IRQ1
    11P16/IRQ212P17/IRQ3/TRGV
    13PB4/AN414PB5/AN5
    15PB6/AN616PB7/AN7
    17PB3/AN318PB2/AN2
    19PB1/AN120PB0/AN0
Page Top
CN2 anchor.png
  • 2.5mmピッチ2列×10ピン
  • 推奨ピンヘッダ:ヒロセ電機 HIF3H-20PB-2.54DSA
  • 推奨レセプタクル:ヒロセ電機 HIF3H-20DA-2.54DSA
    No.端子名No.端子名
    1P84/FTIOD2P83/FTIOC
    3P82/FTIOB4P81/FTIOA
    5P80/FTCI6NMI
    7P76/TMOV8P75/TMCIV
    9P74/TMRIV10P57/SCL
    11P56/SDA12P12
    13P1114P10/TMOW
    15P55/WKP5/ADTRG16P54/WKP4
    17P53/WKP318P52/WKP2
    19P51/WKP120P50/WKP0
Page Top
CN3 anchor.png
  • 2mmピッチ 3ピン
  • マイコンのP21(RXD)とP22(TXD)端子をRS232Cレベルに変換
  • JP1にてRS232Cレベル変換ICとマイコンのP21(RXD)端子を接続及び切断可能(デフォルトで半田ジャンパ済)
    No.端子名I/O
    1TX (RS232C←P22)O
    2GND-
    3RX (RS232C→P21)I
Page Top
JP1 anchor.png
  • RS232Cレベル変換ICの受信(U1のP21端子とU3のROUT端子間)
  • 出荷時ショート
Page Top
JP2, JP3 anchor.png
  • シリアルEEPROM IC(U4)とのIICバス接続(U1のP56,P57端子とU4のSDA,SCL間)
  • オープン:EEPROM使用不可, ショート:EEPROM使用可
  • 出荷時オープン
Page Top
D1(LED) anchor.png
  • マイコンボードに電源を印加すると点灯
Page Top
SW1(スライドスイッチ) anchor.png
  • WRITEとあるシルク側に切り替えることでU1のNMI端子とGNDを短絡
  • RUNとあるシルク側に切り替えることでU1のNMI端子はVCCへプルアップ
Page Top
PB1(プッシュボタン) anchor.png
  • システムリセットIC(U2)のM/R端子とVCC間に接続
  • 押下:U2のVOUT端子からLOW出力, 解放:U2のVOUT端子はHIGH-Z
Page Top

各機能の詳細 anchor.png

Page Top

電源 anchor.png

CN1-2(VCC)とCN1-1(GND)間に安定したDC5Vを供給します。

Page Top

RS232C(CN3) anchor.png

H8_3694_1.png

CN3にはマイコンのSCIのTXD,RXD端子をRS232Cレベルに変換した信号が接続されます。主にPCのCOMポートと接続し、プログラムの転送やデバッグに使用します。
接続するホストに応じて以下の通信ケーブルないしI/Fがオプションで使用できます。

Page Top

スライドスイッチ(SW1) anchor.png

Page Top
ブートモード(WRITE) anchor.png

電源供給前もしくはリセット中にSW1がWRITE側(マイコンのNMI端子がLOW)かつマイコンのP85端子がHIGHの状態で、電源供給もしくはリセット解除されると、マイコンはブートモードになります。このモードはマイコンの内蔵フラッシュROMへプログラムを書き込む際に選択します。書込みにはFLASH WRITERを使用します。

Page Top
ユーザモード(RUN) anchor.png

電源供給前もしくはリセット中にSW1がRUN側(マイコンのNMI端子がHIGH)で、電源供給もしくはリセット解除されるとマイコンはユーザモードになります。このモードはマイコンの内蔵フラッシュROMへ書き込まれたプログラムを実行する際に選択します。

なお、プログラムが実行されている際にSW1をWRITE側にすると、マイコンにNMIが発行されます。

  :idea:マイコンのP85端子及びNMI端子がマイコンボードの外部に設けられた回路によって端子の信号レベルが想定した論理以外に設定されていると、マイコンは意図したモードに遷移しません。

Page Top

プッシュスイッチ(PB1) anchor.png

PB1はリセットIC(U2)のマニュアルリセット端子に接続されています。押下されるとリセットICはマイコンのRES端子をLOWにし、放すと規定時間経過後HIGH-Z状態になり装備されたプルアップ抵抗でマイコンのRES端子はHIGHになります。

Page Top

開発環境 anchor.png

Page Top

GCC Developer Lite anchor.png

GCC Developer Liteの詳細についてはこちら
フルインストールないしH8/3694Fで使用を選択する事で必要なコンポーネントが自動的にインストールされます。
H8/3694Fで使用される主要なコンポーネントを簡単に示します。

  • GCC Developer Lite

    ソースプログラムを編集するためのテキストエディタとその他のツールを起動するためのランチャ機能を有する。

  • FLASH WRITER

    ターゲットのフラッシュROM等へコンパイルされたプログラムをCOMポート経由で書き込む。
    USB等で提供されるCOMポートの動的な検出と、COMポートを使用する弊社ツールとの排他制御機能を持つ。

  • FLASHSimple

    ターゲットのフラッシュROM等へコンパイルされたプログラムをCOMポート経由で書き込む。
    ここでは詳説しない。

  • SIMPLE TERM

    汎用シリアルターミナル。簡易的なTELNETクライアントとしても機能する。
    USB等で提供されるCOMポートの動的な検出と、COMポートを使用する弊社ツールとの排他制御機能を持つ。

  • ターゲットファイル

    マイコンの内蔵ペリフェラルを定義したヘッダファイルやSCIを簡便に使うためのAPI、シリーズ毎に異なるメモリマップを定義したリンカスクリプトファイル、スタートアップルーチンを含む。基本的にコンパイル済みライブラリとしてソースとリンクして使用する。

Page Top
ターゲットファイル anchor.png

GCC Developer Liteでは複数のターゲット向けの設定を備えています。

H8_3694_2.png

以下は本マイコンボードに対応した設定リストです。

  • H8/3694 (Flash)

    ビルドするとマイコンのフラッシュROMで動作させるための.motファイルが作られる。
    ビルドが成功すると、ブートモードでフラッシュROMに書き込むためにFW.exe(FLASH WRITER)の起動を促される。

Page Top
FLASH WRITER anchor.png

様々なマイコンに対応した転送ツールです。

fw_3664.png

以下の設定を行い、ブートモードのマイコンボードとPCをRS232Cケーブルで接続してExecuteボタンを押すと書き込み処理を開始します。

  • CPU TYPE:3664
  • PORT:使用するPCのCOMポート
  • BaudRate[bps]:19200bps以下
  • TimeOut[ms]:1000ms以上

書き込みを開始すると、自動的に以下の順に処理が行われます。いずれのタイミングにおいてもプログレスバーによる進捗状況が表示されます。

  1. マイコンボードとPCのボーレートを合わせる (TimeOutで指定した時間で時間切れ)
  2. ブートプログラムの転送
  3. ユーザプログラムの転送
Page Top

H8/3694F用ライブラリ anchor.png

GCC Developer Liteでは1つのソースプログラムのみを対象とするため、機能別にソースを分割して編集やコンパイルするといった使い方は出来ません(完全にできないという訳でもありません)。だからと言って全ての機能を一つのソースに記述する事は、プログラムの見通しが悪くなりバグの温床になりかねません。
そこで、複数のソースに分割する事無くある程度のソースプログラムサイズでコーディングするために、頻繁に使用されるであろう一部の機能が専用のライブラリとして提供されます。
GCC Developer Liteを標準的な環境のPCへインストールすると、「C:\Program Files\BestTech\GCC Developer Lite\TARGET\3694F」フォルダに必要なファイルがコピーされます。必要に応じて本フォルダを参照できますし、ユーザがソースを修正しライブラリを再構築する事も可能です。

  • スタートアップルーチン

    C言語で作成したプログラムを実行させるために、アセンブラないしC言語で記述された必要最低限の初期化処理プログラムです。
    h8crt0.s (スタートアップルーチン本体のソースファイル)

  • リンカスクリプトファイル

    実行条件に応じたメモリの割り当てを記述したファイルです。コンパイル時にリンカが参照し、コードの最終的な配置が決定されます。
    h8rom.x

  • 内蔵ペリフェラルのレジスタ名定義ヘッダファイル

    マイコンに内蔵された各種ペリフェラルが持つレジスタは、決められたメモリ上のアドレスに配置されています。それらレジスタをアドレスではなくレジスタ毎に決められた名称を使い、変数のようにアクセスするためのマクロ定義が記述されています。
    3694.h (レジスタのマクロ定義)

  • SCI API

    作成したプログラムの動作を確認を行う際に、マイコンのシリアルポートを使用する事を推奨しています。マイコンと文字によるコミュニケーション機能を用意する事で、レジスタの値やプログラムの進捗の把握、さらにはマイコンに対してPCから指令を与えるといった使い方が出来ます。
    本マイコンには複数のシリアルポートが備わっており、制御方法も多種多様なため、それに応じてライブラリとして提供する通信用APIも多くなっています。
    sci~.c (SCIを割り込みで使用するAPIのソース群)

  • EEPROM API

    IICバスに接続されたEEPROMへアクセスするAPIです。
    eeprom.c (APIのソースファイル)

  • ライブラリファイル

    各APIをコンパイルし、一つのライブラリファイルにアーカイブして提供します。
    makelib.bat (APIをコンパイルし、アーカイブするバッチ)
    libadd3694.a (makelib.batで作成されるライブラリファイル)

Page Top

サンプルプログラム anchor.png

こちらからダウンロード出来ます。


Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Last-modified: 2018-03-11 (Sun) 10:52:28 (JST) (408d)