4: 2011-02-02 (Wed) 16:36:22 takaboo source 5: 2011-03-03 (Thu) 18:16:36 takaboo source
Line 8: Line 8:
**ライブラリおよびサンプルプログラムのダウンロード [#j8bd290f] **ライブラリおよびサンプルプログラムのダウンロード [#j8bd290f]
以下のリンクよりライブラリ及びサンプルプログラムをアーカイブしたファイルがダウンロードできます。 以下のリンクよりライブラリ及びサンプルプログラムをアーカイブしたファイルがダウンロードできます。
--''2011/02/02 Ver.2.2''~+-''2011/03/03 Ver.2.3''~ 
 +#ref(http://www.besttechnology.co.jp/dow​nload/DXLIB2forWin2.3.zip) 
 +内容 
 +--内部のイベント処理がことごとく破綻していたのを修正。 
 +--DX_ChangeBaudrateの返り値が反転していたいのを修正。 
 +--BROADCASTING IDを使用したPING(DX_Ping2)を追加。 
 +-2011/02/02 Ver.2.2
#ref(http://www.besttechnology.co.jp/dow​nload/DXLIB2forWin2.2.zip) #ref(http://www.besttechnology.co.jp/dow​nload/DXLIB2forWin2.2.zip)
内容 内容
Line 234: Line 240:
   if (DX_Ping (dev, 1, 100, &err))    if (DX_Ping (dev, 1, 100, &err))
     printf ("Found [%08X]\n", err);      printf ("Found [%08X]\n", err);
 +   else
 +     printf ("Not found [%08X]\n", err);
 +   // クローズ
 +   DX_ClosePort (dev);
 + }
 +
 +***DX_Ping2 [#g16504b3]
 +PINGインストラクションを使用して不特定の対象の応答を確認する。
 + BOOL DX_Ping (DXDEVICEID dvid, UCHAR *id, int timeout, TDxErrorCode *errcode);
 +-パラメータ
 +--[[DXDEVICEID>#DXDEVICEID]] '''dvid'''
 +~DX_OpenPortで開いた際の[[DXDEVICEID>#DXDEVICEID]]。
 +--UCHAR '''*id'''
 +~検索で見つかったIDの保存先。
 +--int '''timeout'''
 +~受信タイムアウト[ms]。
 +--[[TDxErrorCode>#TDxErrorCode]] '''*errcode'''
 +~エラーコード。
 +-戻り値
 +--BOOL
 +~正常な応答が得られた場合はTRUE、それ以外はFALSE。~
 +-使用例
 + DXDEVICEID  dev;
 + TDxErrorCode err;
 + UCHAR        id;
 + // オープン
 + dev = DX_OpenPort ("\\\\.\\COM10", 57143);
 + if (dev) {
 +   // 不明な対象に対してPINGを発行
 +   if (DX_Ping (dev, &id, 100, &err))
 +     printf ("Found ID=%d [%08X]\n", id, err);
   else    else
     printf ("Not found [%08X]\n", err);      printf ("Not found [%08X]\n", err);


Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)