31: 2014-03-11 (Tue) 16:54:49 takaboo source 32: 2014-04-30 (Wed) 13:41:38 takaboo source
Line 8: Line 8:
**ライブラリおよびサンプルプログラムのダウンロード [#j8bd290f] **ライブラリおよびサンプルプログラムのダウンロード [#j8bd290f]
以下のリンクよりライブラリ及びサンプルプログラムをアーカイブしたファイルがダウンロードできます。 以下のリンクよりライブラリ及びサンプルプログラムをアーカイブしたファイルがダウンロードできます。
--''2013/10/10 Ver.2.9.1''~+-''2014/05/xx Ver.3.0''~ 
 +#ref(http://www.besttechnology.co.jp/dow​nload/DXLIB_V3.0.zip) 
 +内容 
 +--各APIのアドレス指定が8bit幅だったものを16bitに拡張(DYNAMIXEL2に合わせた) 
 +-2013/10/10 Ver.2.9.1~
#ref(http://www.besttechnology.co.jp/dow​nload/DXLIBforWin2.9.1.zip) #ref(http://www.besttechnology.co.jp/dow​nload/DXLIBforWin2.9.1.zip)
内容 内容
Line 436: Line 440:
***DX_ReadByteData [#u7d86432] ***DX_ReadByteData [#u7d86432]
対象IDのコントロールテーブルから1バイトのデータを読み出す。 対象IDのコントロールテーブルから1バイトのデータを読み出す。
- bool DX_ReadByteData(TDeviceID dvid, uint8_t id, uint8_t adr, uint8_t *rdata, TErrorCode *err);+ bool DX_ReadByteData(TDeviceID dvid, uint8_t id, uint16_t adr, uint8_t *rdata, TErrorCode *err);
-パラメータ -パラメータ
--[[TDeviceID>#TDeviceID]] '''dvid''' --[[TDeviceID>#TDeviceID]] '''dvid'''
Line 442: Line 446:
--uint8_t '''id''' --uint8_t '''id'''
~対象とするID (0~253)。 ~対象とするID (0~253)。
---uint8_t '''adr'''+--uint16_t '''adr'''
~コントロールテーブルのアドレス。 ~コントロールテーブルのアドレス。
--uint8_t '''*rdata''' --uint8_t '''*rdata'''
Line 467: Line 471:
***DX_WriteByteData [#ma2205f0] ***DX_WriteByteData [#ma2205f0]
対象IDのコントロールテーブルへ1バイトのデータを書き込む。 対象IDのコントロールテーブルへ1バイトのデータを書き込む。
- bool DX_WriteByteData(TDeviceID dvid, uint8_t id, uint8_t adr, uint8_t dat, TErrorCode *err);+ bool DX_WriteByteData(TDeviceID dvid, uint8_t id, uint16_t adr, uint8_t dat, TErrorCode *err);
-パラメータ -パラメータ
--[[TDeviceID>#TDeviceID]] '''dvid''' --[[TDeviceID>#TDeviceID]] '''dvid'''
Line 473: Line 477:
--uint8_t '''id''' --uint8_t '''id'''
~対象とするID (0~253, 254)。 ~対象とするID (0~253, 254)。
---uint8_t '''adr'''+--uint16_t '''adr'''
~コントロールテーブルのアドレス。 ~コントロールテーブルのアドレス。
--uint8_t '''dat'''~ --uint8_t '''dat'''~
Line 501: Line 505:
***DX_ReadWordData [#x202d573] ***DX_ReadWordData [#x202d573]
対象IDのコントロールテーブルから1ワード(2バイト)のデータを読み出す。 対象IDのコントロールテーブルから1ワード(2バイト)のデータを読み出す。
- bool DX_ReadWordData(TDeviceID dvid, uint8_t id, uint8_t adr, uint16_t *rdata, TErrorCode *err);+ bool DX_ReadWordData(TDeviceID dvid, uint8_t id, uint16_t adr, uint16_t *rdata, TErrorCode *err);
-パラメータ -パラメータ
--[[TDeviceID>#TDeviceID]] '''dvid''' --[[TDeviceID>#TDeviceID]] '''dvid'''
Line 507: Line 511:
--uint8_t '''id''' --uint8_t '''id'''
~対象とするID (0~253)。 ~対象とするID (0~253)。
---uint8_t '''adr'''+--uint16_t '''adr'''
~コントロールテーブルのアドレス。 ~コントロールテーブルのアドレス。
--uint16_t '''*rdata''' --uint16_t '''*rdata'''
Line 532: Line 536:
***DX_WriteWordData [#pcc1b3ce] ***DX_WriteWordData [#pcc1b3ce]
対象IDのコントロールテーブルへ1ワード(2バイト)のデータを書き込む。 対象IDのコントロールテーブルへ1ワード(2バイト)のデータを書き込む。
- bool DX_WriteWordData(TDeviceID dvid, uint8_t id, uint8_t adr, uint16_t dat, TErrorCode *err);+ bool DX_WriteWordData(TDeviceID dvid, uint8_t id, uint16_t adr, uint16_t dat, TErrorCode *err);
-パラメータ -パラメータ
--[[TDeviceID>#TDeviceID]] '''dvid''' --[[TDeviceID>#TDeviceID]] '''dvid'''
Line 538: Line 542:
--uint8_t '''id''' --uint8_t '''id'''
~対象とするID (0~253, 254)。 ~対象とするID (0~253, 254)。
---uint8_t '''adr'''+--uint16_t '''adr'''
~コントロールテーブルのアドレス。 ~コントロールテーブルのアドレス。
--uint16_t '''dat''' --uint16_t '''dat'''
Line 561: Line 565:
***DX_ReadBlockData [#b8a1ae1e] ***DX_ReadBlockData [#b8a1ae1e]
対象IDのコントロールテーブルから指定サイズのデータを読み出す。 対象IDのコントロールテーブルから指定サイズのデータを読み出す。
- bool DX_ReadBlockData (TDeviceID dvid, uint8_t id, uint8_t adr, uint8_t *rdata, uint32_t len, TErrorCode *err);+ bool DX_ReadBlockData (TDeviceID dvid, uint8_t id, uint16_t adr, uint8_t *rdata, uint32_t len, TErrorCode *err);
-パラメータ -パラメータ
--[[TDeviceID>#TDeviceID]] '''dvid''' --[[TDeviceID>#TDeviceID]] '''dvid'''
Line 567: Line 571:
--uint8_t '''id''' --uint8_t '''id'''
~対象とするID (0~253)。 ~対象とするID (0~253)。
---uint8_t '''adr'''+--uint16_t '''adr'''
~コントロールテーブルのアドレス。 ~コントロールテーブルのアドレス。
--uint8_t '''*rdata''' --uint8_t '''*rdata'''
Line 596: Line 600:
***DX_WriteBlockData [#fcf55aa0] ***DX_WriteBlockData [#fcf55aa0]
対象IDのコントロールテーブルへ指定サイズのデータを書き込む。 対象IDのコントロールテーブルへ指定サイズのデータを書き込む。
- bool DX_WriteBlockData(TDeviceID dvid, uint8_t id, uint8_t adr, uint8_t *dat, uint32_t len, TErrorCode *err);+ bool DX_WriteBlockData(TDeviceID dvid, uint8_t id, uint16_t adr, uint8_t *dat, uint32_t len, TErrorCode *err);
-パラメータ -パラメータ
--[[TDeviceID>#TDeviceID]] '''dvid''' --[[TDeviceID>#TDeviceID]] '''dvid'''
Line 602: Line 606:
--uint8_t '''id''' --uint8_t '''id'''
~対象とするID (0~253, 254)。 ~対象とするID (0~253, 254)。
---uint8_t '''adr'''+--uint16_t '''adr'''
~コントロールテーブルのアドレス。 ~コントロールテーブルのアドレス。
--uint8_t '''*dat''' --uint8_t '''*dat'''


Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)