14: 2011-04-01 (Fri) 19:34:39 takaboo source 15: 2011-07-20 (Wed) 16:21:47 takaboo source
Line 8: Line 8:
**ライブラリおよびサンプルプログラムのダウンロード [#j8bd290f] **ライブラリおよびサンプルプログラムのダウンロード [#j8bd290f]
以下のリンクよりライブラリ及びサンプルプログラムをアーカイブしたファイルがダウンロードできます。 以下のリンクよりライブラリ及びサンプルプログラムをアーカイブしたファイルがダウンロードできます。
--''2011/03/28 Ver.2.5.1''~+-''2011/07/20 Ver.2.6''~ 
 +#ref(http://www.besttechnology.co.jp/dow​nload/DXLIB2forWin2.6.zip) 
 +内容 
 +--DX_SyncWriteDataを改名。 
 +--余計な受信データがあった場合でもできるだけ受信処理が進捗する様に改変。 
 +--古いバージョンのmatlabがDEVICEIDを誤認するため型を変更。 
 +-2011/03/28 Ver.2.5.1~
#ref(http://www.besttechnology.co.jp/dow​nload/DXLIB2forWin2.5.1.zip) #ref(http://www.besttechnology.co.jp/dow​nload/DXLIB2forWin2.5.1.zip)
内容 内容
Line 543: Line 549:
 }  }
-***DX_SyncWriteData [#v566e16b]+***DX_WriteSyncData [#v566e16b]
SYNCインストラクションを使用して複数IDへブロック書き込みを行う。~ SYNCインストラクションを使用して複数IDへブロック書き込みを行う。~
書き込まれるデータの構成はユーザに委ねられる。 書き込まれるデータの構成はユーザに委ねられる。
- BOOL DX_SyncWriteData (DXDEVICEID dvid, UCHAR size, UCHAR *dat, TDxErrorCode *errcode);+ BOOL DX_WriteSyncData (DXDEVICEID dvid, UCHAR size, UCHAR *dat, TDxErrorCode *errcode);
-パラメータ -パラメータ
--[[DXDEVICEID>#DXDEVICEID]] '''dvid''' --[[DXDEVICEID>#DXDEVICEID]] '''dvid'''
Line 581: Line 587:
 if (dev) {  if (dev) {
   // 2つのAX-12+へ同時に位置を指令    // 2つのAX-12+へ同時に位置を指令
-   DX_SyncWriteData (dev, 8, param, &err);+   DX_WriteSyncData (dev, 8, param, &err);
   DX_ClosePort (dev);    DX_ClosePort (dev);
 };  };
Line 662: Line 668:
***DXLIB2のオリジナルな定義 [#af9ca340] ***DXLIB2のオリジナルな定義 [#af9ca340]
&aname(DXDEVICEID); &aname(DXDEVICEID);
-:DXDEVICEID | ''(HANDLE)''~+:DXDEVICEID | ''(unsigned int|unsigned long long)''~
インターフェース毎に割り当てられるユニークな値。DX_OpenPortにて自動的に生成される。 インターフェース毎に割り当てられるユニークな値。DX_OpenPortにて自動的に生成される。
&aname(TInstruction);~ &aname(TInstruction);~


Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)