1: 2021-09-20 (Mon) 01:08:01 takaboo source Cur: 2021-10-03 (Sun) 21:52:06 takaboo source
Line 385: Line 385:
<pre class="brush: bash;"> <pre class="brush: bash;">
cd ~ cd ~
-wget https://www.besttechnology.co.jp/downloa​d/DX2LIB_V2.7.zip +wget https://www.besttechnology.co.jp/downloa​d/DX2LIB_V2.8.zip 
-unzip DX2LIB_V2.7.zip</pre>+unzip DX2LIB_V2.8.zip</pre>
}} }}
+ライブラリの再構築 +ライブラリの再構築
#html{{ #html{{
<pre class="brush: bash;"> <pre class="brush: bash;">
-cd ~/DX2LIB_v2.7/DX2LIB/+cd ~/DX2LIB_v2.8/DX2LIB/
bash ./build_dx2lib.sh</pre> bash ./build_dx2lib.sh</pre>
}} }}
Line 400: Line 400:
#html{{ #html{{
<pre class="brush: bash;"> <pre class="brush: bash;">
-cd ~/DX2LIB_v2.7/SampleCode/Python/+cd ~/DX2LIB_v2.8/SampleCode/Python/
nano smpl1.py</pre> nano smpl1.py</pre>
}} }}
Line 422: Line 422:
Dynamixelとの通信に成功すると、DynamixelのLEDが1秒間点灯します。他のサンプルソースもほぼ同様の変更を加えることで利用できます。 Dynamixelとの通信に成功すると、DynamixelのLEDが1秒間点灯します。他のサンプルソースもほぼ同様の変更を加えることで利用できます。
-なお「~/DX2LIB_v2.7/SampleCode/Linux/config.c」はID・ボーレート・動作モードの変更、テスト運転用のサンプルソースになりますので、Dynamixelの諸設定変更の際は利用してみてはいかがでしょうか。~+なお「~/DX2LIB_v2.8/SampleCode/C/config.c」はID・ボーレート・動作モードの変更、テスト運転用のサンプルソースになりますので、Dynamixelの諸設定変更の際は利用してみてはいかがでしょうか。~
またRaspberry Piの動作条件によってはAPIがタイムアウトエラーを返す場合があります。その際は[[DX2_SetTimeOutOffset>Dynamixel Protocol 2 Library#h4a1b54e]] APIを使ってタイムアウトエラーが発生しない程度の時間を設定すると良いでしょう。 またRaspberry Piの動作条件によってはAPIがタイムアウトエラーを返す場合があります。その際は[[DX2_SetTimeOutOffset>Dynamixel Protocol 2 Library#h4a1b54e]] APIを使ってタイムアウトエラーが発生しない程度の時間を設定すると良いでしょう。


Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)