7: 2018-03-11 (Sun) 10:25:02 eid7gud source Cur: 2022-02-13 (Sun) 11:44:43 takaboo source
Line 5: Line 5:
**概要 [#s1de0442] **概要 [#s1de0442]
-Atmel社製ATmega32Aを搭載したマイコンボードです。~+Microchip社(旧Atmel社)製ATmega32Aを搭載したマイコンボードです。~
USBポートを使用してプログラムの書き換えやデバッグをサポートし、USBバスパワーによる運用も可能です。~ USBポートを使用してプログラムの書き換えやデバッグをサポートし、USBバスパワーによる運用も可能です。~
なお、CN1とCN2のピンアサインは[[BTC067B]]と互換性を有します。 なお、CN1とCN2のピンアサインは[[BTC067B]]と互換性を有します。
Line 12: Line 12:
|商品番号 |BTC067C | |商品番号 |BTC067C |
|リビジョン |E017F (2層) | |リビジョン |E017F (2層) |
-|CPU |[[Atmel ATMEGA32A-MN:http://www.microchip.com/wwwproducts/en/ATmega32A]] |+|CPU |[[Microchip ATMEGA32A-MN:https://www.microchip.com/en-us/product/ATmega32A]] |
|クロック |システムクロック 16MHz | |クロック |システムクロック 16MHz |
|動作温度 |-20~+70℃ | |動作温度 |-20~+70℃ |
Line 140: Line 140:
***GCC Developer Lite [#ea80f01f] ***GCC Developer Lite [#ea80f01f]
-GCC Developer Liteの詳細については[[こちら>GCC Developer Lite]]。~ +「基本パック」と「AVRパック」をダウンロードしてインストールしてください。なおAVRパックインストールの際に表示されるコンポーネントの選択画面では「ATmega32Aでのみ使用」を選択してください。 
-フルインストールないしATmega32Aで使用を選択する事で必要なコンポーネントが自動的にインストールされます。~+#ref(AvrPacATM32A.png)
使用されるコンポーネントを簡単に示します。 使用されるコンポーネントを簡単に示します。
-''[[GCC Developer Lite>GCC Developer Lite#GCCDevL]]'' -''[[GCC Developer Lite>GCC Developer Lite#GCCDevL]]''


Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)