Cur: 2016-10-16 (Sun) 12:17:21 takaboo source
Line 1: Line 1:
 +TITLE:BTE078 USBISOマニュアル
 +#norelated
 +#contents
 +[[ショップページへ>http://www.besttechnology.co.jp/modules​/onlineshop/index.php?fct=photo&p=176]]
 +**概要 [#i9b1c92f]
 +USBで接続される機器間を絶縁する製品で、USB 2.0 FSに対応したポートアイソレータ[[ADuM4160>http://www.analog.com/jp/prod​ucts/interface-isolation/isolation/stand​ard-digital-isolators/adum4160.html]]を使用しています。~
 +USBデバイスとPC間を絶縁する他、USBデバイスの消費電力や突入電流等の影響によりホスト側の認識に影響が発生する場合や、いざという時のホストのUSBポートの保護に使用できます。また、過電流検出機能のないUSBホストにも最適です。
 +なお、同等の他社製品は多々ありますが、本製品は高さと幅を抑えることで隣接した複数のUSBコネクタに適用する事が可能です。
 +**仕様 [#w1fc9eab]
 +***同梱内容 [#t8074694]
 +| 型式 | 数量 | 備考 |
 +|本体 | 1|- |
 +***基本仕様 [#k2975a33]
 +|品番 |BTE078 |<|
 +|PCBリビジョン |E118 |<|
 +|動作温度範囲 |-40~85℃ 結露なきこと|<|
 +|寸法 |約50x15x10mm |<|
 +|重量 | |<|
 +|電源 |USBバスパワー |<|
 +|出力電力|最大2W (5V 0.4A)|<|
 +|USB I/F |USB 2.0 FS(12Mbps)固定 |<|
 +|コネクタ等|Up stream |USB Type A オス |
 +|^|Down stream |USB Type A メス |
 +|絶縁電圧 |VBUS |3kV |
 +|~|D+/D- |5kV rms 1min |
 +|環境配慮 |RoHS準拠, 鉛フリー半田 |<|
 +
 +***内部簡略ブロック [#nc25bd85]
 +#ref(E118_block.png,60%)
 +***外観 [#x91f711e]
 +| top |h
 +| #ref(E118_top.png,40%) |
 +| [[3D pdf>http://www.besttechnology.co.jp/down​load/3D/E118_3D.pdf]] |
 +***外形 [#d4aa10ca]
 +#ref(E118_LAYOUT.pdf,100%)
 +***コネクタ・端子・スイッチ等 [#r071b4b9]
 +****USB Type A Up streamコネクタ [#t4b8e97c]
 +#ref(usb-a_male.png,100%)
 +ホストとなるPC等のUSBコネクタに装着するコネクタ。
 +****USB Type A Down streamコネクタ [#jeaef371]
 +#ref(usb-a_female.png,100%)
 +USB機器を装着するコネクタ。
 +**使用方法 [#f42b46e4]
 +PCのUSBポートと接続するUSB機器の間に本製品を挿入します。
 +#ref(E118_Insert.png,100%)
 +**注意事項 [#o2f97e11]
 +-USB 2.0 LS(1.5Mbps)やHS(480Mbps)を要求するUSBデバイスは使用できない。
 +-USBデバイスの最大消費電力が2W以下でないと安定した電源供給が行えない。また、デバイスへの電源供給能力はホストのバスパワーに依存する。
 +-USBポートの電力を端末の充電に使用するといった場合には、本機を使用してはならない。
 +-コネクタの着脱方向以外に物理的な応力を加えると破損する。
 +-USBオーディオ機器用のノイズフィルタとして設計されているものでは無いため、それらの用途においては過度な音質改善は期待できない。
  

  • Backup diff of BTE078 USBISO(No. All)
    • Cur: 2016-10-16 (Sun) 12:17:21 takaboo

Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)