ショップページへ

概要 anchor.png

ZEAL-C02を組み込みや実験を行いやすいように、必要最低限の端子のみを0.1インチピッチのピンヘッダに変換したモジュールです。
なお、3.3Vで動作するマイコン等に直結する事を前提としているため、5VやRS232Cレベルの信号は接続できません。

Page Top

基本仕様 anchor.png

商品番号BTX047B
I/Fピンヘッダ部 (VDD/GND/MODE0/MODE1/RX/TX/STO/RESETの信号を直結)
ディップスイッチ (ZEALのMODE0,1を接続)
ZEAL-C02認証等BluetoothVer2.1+EDR準拠
国内電波法(工事設計認証)
FCC(北米),IC(カナダ), KC(韓国)
プロファイルSPP, DUN(※DTのみ)
周波数2402-2480MHz
変調方式GFSK(1Mbps), π/4-DQPSK(2Mbps), 8DPSK(3Mbps)
拡散方式周波数ホッピング
チャンネル間隔1MHz
チャンネル数79ch
伝送速度3Mbps
最大受信感度-70dBm
最大送信電力+4dbm
Bluetooth TX power class2
通信距離約10m (使用環境による)
端末通信速度1200~921600bps
電源DC3.3V
消費電流最大70mA以下
外形寸法およそL20.5xW18.2xH7.7mm(ピンヘッダを除く)
重量約3g
内容物ZEAL-C02 x1, 変換基板 x1
Page Top

外観 anchor.png

ZEAL-C02装着状態変換基板top変換基板bottom
BTX047B_top.png
ZEAL_top.png
ZEAL_bottom.png
Page Top

回路図 anchor.png

  • ZEAL-C02のCTS端子はGNDに接地させハードフロー制御を実質非活性としているので、大量のパケットを送信するといった場合にドロップする事もあり得る。
  • 基板裏面の半田ジャンパは設定済みで変更不可とする。
Page Top

端子配置・外形 anchor.png

Page Top

各部名称 anchor.png

ZEAL1.png
Page Top

端子配列 anchor.png

端子名称備考I/O
1GND電源及びシグナルGND-
2VCCDC3.3Vを接続-
3STAT接続ステータスO
4RESETLOWの入力でリセットI
5MODE0起動モードの設定※I
6MODE1起動モードの設定※I
7TxD送信データO
8RxD受信データI

※外部より5, 6ピンへ信号を入力してモードを制御する場合は、DIP1-1,2はOFF状態にしなくてはなりません。

Page Top

起動モード設定ディップスイッチ anchor.png

電源印加時の起動モードを設定します。外部端子の5, 6ピンよりモードを制御する場合は、DIP1-1, 2共にOFFにする必要があります。

起動モードDIP1-1 (MODE0)DIP1-2 (MODE1)機能
通常モードOFF(1)OFF(1)起動時、端末通信速度を9600bpsにしてコマンド状態となる
設定値起動モードON(0)OFF(1)事前に設定された条件でコマンド状態となる
自動接続or自動待受モードOFF(1)ON(0)事前に設定された条件で自動接続(マスター)ないし自動待受待(スレーブ)を実行する
ファームウェア書込モードON(0)ON(0)ファームウェアのアップデートに使用
Page Top

組み込み anchor.png

図のようにターゲットと配線します。

RC-100B_2.png

無線接続の確立状態は3pinをモニタする事で行えます。

Page Top

データシート anchor.png

ZEAL-C02の仕様書等はこちらのサイトを参照下さい。

Page Top

注意事項 anchor.png

  • 変換基板上でZEALのハードウェアフロー制御を無視している。本来ZEALはハードフローが必須なため、接続状況・送受信データ量・タイミングによっては通信が途絶し、ハードリセット以外では復旧しなくなる。

Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Last-modified: 2016-11-24 (Thu) 17:58:45 (JST) (1352d)