7: 2017-08-20 (Sun) 10:46:58 takaboo source 8: 2017-09-14 (Thu) 23:14:01 takaboo source
Line 17: Line 17:
これらの基本機能はサンプルプログラムとして提供されますが、サンプルとして提供される機能では不十分な場合は独自にプログラムを追加することで機能を拡張する事ができます。 これらの基本機能はサンプルプログラムとして提供されますが、サンプルとして提供される機能では不十分な場合は独自にプログラムを追加することで機能を拡張する事ができます。
-**基本仕様 [#x1141bd0] +**仕様 [#w5d280da] 
-|商品番号 |>|BTE088/BTE089 | +***同梱内容 [#wc5adce9] 
-|CPU |>|LPC824M201JHI33E | +| 型式 | 数量 | 備考 |h 
-|PCBリビジョン |>|E097 (4層) | +|本体 | 1|- | 
-|通信機能 |>|TTL(半二重)/RS485(半二重)| +|ケーブル | 1|- | 
-|動作温度 |>|0~+50℃ | +***基本仕様 [#x1141bd0] 
-|動作電圧 |>|DC6~35V | +|BGCOLOR(#d0d8e0):CENTER:||LEFT:|c 
-|消費電流 |>|最大35mA |+|商品番号| DXMIO(TTL) |BTE088
 +|~| DXMIO(RS485) |BTE089| 
 +|CPU|>|LPC824M201JHI33E | 
 +|PCBリビジョン|>|E097 (4層) | 
 +|通信機能|>|TTL(半二重)/RS485(半二重)| 
 +|動作温度|>|0~+50℃ | 
 +|動作電圧|>|DC6~35V | 
 +|消費電流|>|最大35mA |
|電源出力|>|DC5V 最大250mA | |電源出力|>|DC5V 最大250mA |
 +|リンク方式| BTE088 |TTL Multi Drop(daisy chain type Connector)|
 +|~| BTE089 |RS-485 Multi Drop(daisy chain type Connector)|
|アナログ入力|入力電圧範囲|0~3.3V| |アナログ入力|入力電圧範囲|0~3.3V|
|~|入力インピーダンス|0.1MΩ| |~|入力インピーダンス|0.1MΩ|
Line 33: Line 42:
|~|デジタル出力High電圧|2.9~3.3V| |~|デジタル出力High電圧|2.9~3.3V|
|~|デジタル出力Low電圧|0~0.4V| |~|デジタル出力Low電圧|0~0.4V|
-|寸法 |>|約15×26mm | +|寸法|>|約15×26mm | 
-|コネクタ等 |>|14ピンランド, RS485もしくはTTL×1, モニタLED | +|コネクタ等|>|14ピンランド, RS485もしくはTTL×1, モニタLED | 
-|付属品 |>| | +|付属品|>| | 
-|環境配慮 |>|RoHS準拠, 鉛フリー半田 |+|環境配慮|>|RoHS準拠, 鉛フリー半田 |
-***外観 [#i016df04]+***外観・レイアウト [#i016df04]
| top | bottom |h | top | bottom |h
| #ref(E097_TOP.png,50%) | #ref(E097_BTM.png,50%) | | #ref(E097_TOP.png,50%) | #ref(E097_BTM.png,50%) |
| [[3D pdf>http://www.besttechnology.co.jp/down​load/3D/E097_3D.pdf]] |<| | [[3D pdf>http://www.besttechnology.co.jp/down​load/3D/E097_3D.pdf]] |<|
 +
 +#ref(E097_LAYOUT.pdf)
***回路図 [#ba402fe4] ***回路図 [#ba402fe4]
#ref(E097_SCH.pdf) #ref(E097_SCH.pdf)
-***配置・外形 [#w5ebb2b0] +***各機能詳細 [#of729bda]
-#ref(E097_LAYOUT.pdf)+
-***コネクタ・端子・スイッチ等 [#d1e98c39] 
****CN1 [#tf8c1e95] ****CN1 [#tf8c1e95]
#ref(E097_CN1.png) #ref(E097_CN1.png)
Line 120: Line 129:
****通信プロトコル [#xd55d8ad] ****通信プロトコル [#xd55d8ad]
-詳細は[[こちら>DYNAMIXEL Communiation Protocol 1.0]]+Dynamixelシリーズには2種類のプロトコルがあります。 
 +-[[DYNAMIXEL Communiation Protocol 1.0]]
 +Dynamixel AX,DX,RX,MXシリーズと共通のプロトコル 
 +-[[DYNAMIXEL Communiation Protocol 2.0]]~ 
 +Dynamixel X,PROシリーズと共通のプロトコル
****Dynamixel Protocol V1コントロールテーブル [#ld4f467a] ****Dynamixel Protocol V1コントロールテーブル [#ld4f467a]
Line 333: Line 346:
任意の自作タスクとコントロールテーブル間のI/Fです。使い道は自由です。 任意の自作タスクとコントロールテーブル間のI/Fです。使い道は自由です。
-****Dynamixel Protocol V2コントロールテーブル(暫定) [#q5182ba9]+****Dynamixel Protocol V2コントロールテーブル [#q5182ba9]
|=''Address''|=''Item''|=''Access''|=''D​efault Value''|=''Type/Range''|h |=''Address''|=''Item''|=''Access''|=''D​efault Value''|=''Type/Range''|h
|CENTER:|LEFT:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c​ |CENTER:|LEFT:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c​
Line 446: Line 459:
| 1| 57600.0| | 1| 57600.0|
| 2| 115200.0| | 2| 115200.0|
-| 3| 100000.0|+| 3| 1000000.0|
| 4| 2000000.0| | 4| 2000000.0|
※ホストとのボーレートの誤差は±2%以下が要求されます。 ※ホストとのボーレートの誤差は±2%以下が要求されます。


Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)