3: 2019-08-11 (Sun) 10:42:29 takaboo source Cur: 2020-03-27 (Fri) 23:39:09 takaboo source
Line 2: Line 2:
#norelated #norelated
#contents #contents
-[[ショップページへ>http://www.besttechnology.co.jp/modules/onli​neshop/index.php?fct=photo&p=185]]+[[ショップページへ>https://www.besttechnology.co.jp/modules/onli​neshop/index.php?fct=photo&p=185]]
[[Dynamixelシリーズ一覧>DXLSeries]] [[Dynamixelシリーズ一覧>DXLSeries]]
Line 75: Line 75:
-電源と通信用信号ラインが接続 -電源と通信用信号ラインが接続
| Pats Name | JST Parts Number |h | Pats Name | JST Parts Number |h
-|基板用ヘッダー |[[B3B-EH>http://www.jst-mfg.com/product/detail.php?se​ries=58]] | +|基板用ヘッダー |[[B3B-EH>https://www.jst-mfg.com/product/detail.php?se​ries=58]] | 
-|ハウジング |[[EHR-3>http://www.jst-mfg.com/product/detail.php?se​ries=58]] | +|ハウジング |[[EHR-3>https://www.jst-mfg.com/product/detail.php?se​ries=58]] | 
-|ターミナル |[[SEH-00x>http://www.jst-mfg.com/product/detail.php?se​ries=58]] |+|ターミナル |[[SEH-00x>https://www.jst-mfg.com/product/detail.php?se​ries=58]] |
#ref(DXLSHARE/jst_B3B-EH.png) #ref(DXLSHARE/jst_B3B-EH.png)
| 端子番号 | 信号名 |h | 端子番号 | 信号名 |h
Line 106: Line 106:
***配線 [#p43a0a2e] ***配線 [#p43a0a2e]
様々な配線方法が考慮されていますので、用途に応じた方法を選択します。 様々な配線方法が考慮されていますので、用途に応じた方法を選択します。
-#ref(DXLSHARE/TTL_X_MultiDropConnection.png) +#ref("BTE068C DXHUB/E148_DXL_connect.png", %80)
-[[DXHUB]]とDynamixelを接続する場合はMOLEX-JSTタイプのケーブル、Dynamixel同士をまたいで接続する場合はJST-JSTタイプのケーブルを使用します。+
なお、電源が供給された状態での配線作業は絶対に避けて下さい。 なお、電源が供給された状態での配線作業は絶対に避けて下さい。


Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)