相撲ロボット4駆Basic(車体+センサ+ユニバーサルドライバ)
相撲ロボット4駆Basic(車体+センサ+ユニバーサルドライバ)


相撲ロボット4駆Basic(車体+センサ+ユニバーサルドライバ) 高ヒット
商品番号:BTA032
¥292,000. (税抜)

販売終了
※本製品は受注生産品です。こちらよりお見積りをご依頼下さい。
   納期は状況によりその都度異なりますのでお問い合わせ下さい。


■概要
モーター、ギヤ、タイヤ装備の車体にセンサ、ユニバーサルドライバが付いた相撲ロボット4駆ベーシックキットです。

【サイズ】
・全長:173mm・全幅:199mm・重量:約1400g

【内容物】
・4駆車体(BTA031)・800mm光センサ(BTE023)×3 ・反射型フォトインタラプタ(BTE003B)×2 ・ユニバーサルドライバ3 (BTA023) ×1

【モーター仕様】
・型式:TAMIYA380K10
・ギヤヘッド減速比:1/10

【台車ギヤトレイン】
・減速比:1/6.43


■特徴
シャーシの主要パーツはアルミ、シャフト等はステンレスの切削物、ギアはポリアセタールとステンレスの組み合わせ。モータのギアヘッドを除いたギア比は 6.43:1になってます。


F1でのピット作業では タイヤ交換のスピードが命。このシャシでもいざというときのタイヤ交換はドライバ1本でOK。ギアトレイン類も簡単にばらばらになります。
ねじがひしゃげる程なにかしでかしたらその限りではございません。


ホイールにはギアがついており、 こんな感じで1モータで2輪を駆動します。ここに指を挟んだら痛いじゃ済みません。


オプションの磁石キットを装備すれば磁性体にへばりつくことも可能です。吸着力の微調整は4隅のねじを回すだけです。
ネオジウム磁石なので一度鉄板にはり付いてしまうと外せる気がしませんし、こちらも指など挟んだらひとたまりもないでしょう。


モーターのマウントスペースはRE35と540K10に対応した広々設計(キットの標準は380K10)。


相撲ロボットへ戻る

[<   ロボット2駆車体 ユニバーサルドライバ3 Advance 3ピンコネクタセット 相撲ロボット4駆Basic(車体+センサ+ユニバーサルドライバ) ユニバーサルドライバII ロボット2駆Basic(車体+センサ+ユニバーサルドライバ) ユニバーサルドライバ3.5 Advance   >]