ニュース

    年末年始休業のお知らせ (2015/12/10)

    2015年12月29日(火)~2016年1月4日(月)の間は、年末年始休業とさせていただきます。
    • 電話・FAXによるお問い合わせはお休みいたします。
    • 電子メールによるお問い合わせ及び、オンラインショップからのご注文は、2016年1月5日以降から順次対応させていただきます。
    • 緊急の際はご案内いたしております担当の直通電話にてお受けいたします。
    何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

    DXCONF更新 (2015/11/19)

    DXCONFに同梱されるdllにおいて、Ping2関数の引数にアライメントの不具合が見つかりました。
    これは複数台のDynamixelが接続された環境において、DXCONFのScan機能を使用する際に「Adv. Ping」にチェックを入れて検索すると、間違ったデバイスがリストに列挙される問題の原因となっていました。

    Dynamixel Libraryの修正版と合わせて、DXCONFの更新版を以下に公開いたします。
    Dynamixel Library 3.1
    DXCONF V2.3.4.0
    技術

    ATmeag128Aマイコンボード再販のお知らせ (2015/10/30)

    諸般の事情にて販売を中止しておりましたATmega128Aマイコンボードですが、本日より再販致します。
    合わせて、ウェブショップの在庫数を補充致しました。



    ご愛顧頂いておりますお客様におかれましては、大変長らくお待たせいたしまして誠に申し訳ございませんでした。

    管理部

ニュースのトップへ

ブログ

    DXLIB V3.3公開 (2016/07/13)

    Dynamixel Library Version 3.3を公開しました。

    主な変更点は以下の通りです。
    • Linux環境下でttyの設定が不十分な点を修正
    • Linux環境下でのスリープ処理をusleepに変更
    #ご指摘いただきありがとうございます。

    技術

    Dynamixelの通信プロトコルについて (2016/06/23)

    Dynamixelのラインナップ拡充に伴い、新製品では順次PROシリーズのプロトコル(DYNAMIXEL2プロトコルが採用されています。ちなみに、今後DX・RX・AX・MXシリーズに採用されているプロトコルを暫定的にDYNAMIXEL1プロトコルと称します。

    しかし、XL-320がDYNAMIXEL1プロトコルのERRORフラグの扱いを踏襲したDYNAMIXEL2プロトコルの亜種を搭載した都合から、実質3種類の通信プロトコルが存在しています。
    ところが、XL-320の最近のファームウェアにおいてDYNAMIXEL2プロトコルに準拠した仕様変更が行われたため、最新版においては2種類に集約されています。

    現在提されているDXCONFは3つのプロトコルが存在する前提で3種類のDXLIBを使用していますが、幸いにもXL-320は弊社において標準取扱品ではないのと、亜種なプロトコルは今後派生させないとの事ですので、弊社では2種類のDXLIBに集約したものに更新する予定です。

    なお、現時点でPROシリーズ及びXMシリーズにおける通信プロトコルのインプリに、瑕疵がある事が判明しています。
    今後ROBOTIS社において問題が解消された事が確認され、さらに弊社にて検証が完了した後に。XMシリーズの販売を開始する予定です。

    最後に、お客様によるROBOTIS社RoboPlusを使用したファームウェアの更新は、正直なところリスクがあります。弊社ではファームウェアの更新に失敗した場合は、無償サポートの範疇としていませんのでご了承のほど。

    技術

    Dynamixel XMシリーズ (2016/04/21)

    Dynamixelネタで久しぶりの更新です。

    近々XMシリーズが新たに加わります。
    PROシリーズの下位の位置付で、ユーザからのフィードバックを一部反映したものとなります。


    まず登場予定なのは機械的なスペックがMX-28に近く、ギア比違いのXM430の2種類。フランジを一掃し、ボディーにネジ穴が備わります。


    コネクタ周りはケーブルの取り回しを意識した溝が設けられ、カバーができます。出力軸の裏側の蓋は、フリーホーンに換装可能です。


    コネクタはJST製のものに変更されます。


    PROシリーズの下位の位置づけという事もあり、デフォルトの通信プロトコルはPROシリーズに採用されているV.2ですが、旧来製品との混在を可能にするためにV.1もサポートします。

    もう少し調整が必要なため、詳細については正式なリリースまでお待ちください。

    技術

    Palmiがやってきた ~アプリ使ってみるの巻3~ (2015/11/10)

    今回は最終で、「Palmi ちょっとCommander」を紹介します。



    「Palmiにちょっと何かをやらせてみよう」というアプリケーションだそうです。

    画面を一瞬見た時に、「ん? もしかしてむずかしい?」と思うかもしれませんが、
    いえいえ、むずかしいことはなく、Palmiにやって欲しい動作を選んで組合わせていくだけなんです。

    どこをどう設定したらよいのか、まず迷うと思うので、最初にここを覗いておくとよいですよ。




    「ちょっとコマンダー」でPalmiに設定した動作を、Palmi Fwapparの「やくそくごと」で確認できます。



    それでは試しに、TVコマーシャルの「たけし、バカヤロー」をPalmiにやってもらいましょう! 

    ちょっとコマンダーには、CMモーションが用意されているんですよぉ。
    では、順番に設定してみますね。

    「ToDoのキッカケを設定する」の文字をクリックすると別画面が表示されるので、“いつ?”は“顔を見たら”にして、 “誰の?”は“誰でも”を選択してみました。



    次に、下記のように設定します。※1.2.3は順不同でOK。
    1.「動き」のリスト→“話す(モーション付き)”を選択。
    2.画面右下の「どのモーションをしますか?」→“CMモーション”をクリックして選択。
    3.「何を話しますか?」→“たけし、バカヤロー”の言葉を入力。
    4.「ToDoのプレビュー」ボタンを押す→Palmiが“たけし、バカヤロー”を動作する。

    では、この動作に名前を付けて保存をすることに。
    1.画面左上の「ToDoの名前を入力してください」をクリック→“たけし、バカヤロー”を入力。
    2.画面下の「ToDoの保存」ボタンを押して完了!



    Palmi Fwapparの「やくそくごと」に、しっかりと登録されています。



    そしてこの後、Palmiに実証してもらおうと私の顔をみてもらったのですが、
    残念ながら、“たけし、バカヤロー”のモーションをしてくれませんでした・・・・。
    何でだろうなぁ・・・・

    では、“誰でも顔をみたら”ではなく、時間で設定しなおしてみたら、
    設定した時間に、Palmiは、“たけし、バカヤロー”をやってくれました!

    本当は、時間ではなくて、“誰でも顔をみたら”で動作してほしいなぁ・・・・。

    Palmiがやってきた
    みっちゃん

ブログのトップへ