ニュース

    年末年始休業のお知らせ (2014/12/25)

    2014年12月27日(土)~2015年1月4日(日)の間は、年末年始休業とさせていただきます。
    • 電話・FAXによるお問い合わせはお休みいたします。
    • 電子メールによるお問い合わせ及び、オンラインショップからのご注文は、2015年1月5日以降から順次対応させていただきます。
    • 緊急の際はご案内いたしております担当の直通電話にてお受けいたします。
    何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

    管理部

    BTE023B 800mm IRリフレクタ リリースのお知らせ (2014/12/12)

    「BTE023 800mm光センサ」の後継として「BTE023B 800mm IR リフレクタ」の販売を開始いたしました。
    旧来との差異として、外形互換なし・感度調整廃止・コネクタからケーブルに変更といった点がありますが、検出距離の特性はほぼ同等となっております。

    なお、本リリース以前に製品情報を掲示しておりましたため、その間にご予約頂いたお客様には本日出荷させていただいております。


    ショップページへ
    商品名:800mm IRリフレクタ
    商品番号:BTE023B
    価格:¥2,700. (税別)
    付属品:センサ本体

    詳細はこちらをご覧ください。

    TINY JTAG-ICE2入荷のお知らせ (2014/12/05)

    TINY JTAG-ICE2が1年ぶりに入荷致しました。
    一部パーツを代替した上で互換性を有しております。



    なお、この間にopenocdのバージョンアップが頻繁に行われている都合、最新版を使用しますと従来の設定では利用できないケースが必ず発生すると思われます。
    各デバイスに応じた設定等はドキュメントホームページを参照ください。

    管理部

ニュースのトップへ

ブログ

    ARGOS Challenge-トレーニングセッション最終日 (2015/04/17)

    突然の嵐で雨漏りしたりと賑やかなワークショップ。

    UMADのフロアを自立航行するのはエッセンシャルな機能。人を前提とした環境は、認識系にとって緩過ぎる。
    我らは機能冗長による安心の担保を図るつもりでRTLSを使うが、今回はロボットに備わったセンサのみで自己位置推定の精度がイケている事が検証できた。
    自重による床の撓みで直進すらままならないチームもあり、さながら鳶職人の足回りと軽さが必要かも。


    最後に皆そろってはいポーズ。しかし、ワークショップから姿を見せられないロボットも。


    束の間の休息をおいしいワインで。
    皆さんお疲れ様でした。


    後は6月以降の本番に向けて、未完部分のfixとコーディングを進めるのみ。

    コーディネータ

    ARGOS Challenge-トレーニングセッション2日目 (2015/04/15)

    細切れののタイムスロットの割り当てをくじ引きで決めます。
    我がチームは 朝一番。朝日がまぶしい!


    揺動URGは予定通りのデータを吐いている。


    急勾配にも程があるでしょう。
    まだ必用なパーツがついてないので無理矢理ですが、本番の上物があったら・・・。


    ちなみに、今回は実装に必用なデータ取りや動作の検証が主なので、特に優劣を決める事は特になく。

    コーディネータ

    ARGOS Challenge-トレーニングセッション初日 (2015/04/14)

    ARGOS CHALLENGEの試走会がフランスのポーで始まりました。
    隣はもうスペインといったロケーションからか、初日はTシャツ1枚で十分。

    我がチームの新型は足回りだけでもという事で、急あつらえの頭を装備。
    とはいえ非常停止やら遠隔停止等々強いられる事はかなり多く。




    必用な装備を概ね備えた従来機によるバックアップ体制も万全。
    各チームに割り当てられた時間は多くないので、いそいそと保安チェックを済ませ現場へGO。


    足場にしか見えませんが、これでも立派な消防訓練の設備。
    ここで実証実験をします。


    わ~高い


    juryの皆さんの厳しい目が・・・。


    これから4日間で精度の良いポイントクラウドの収集・オドメトリエンジンの検証・画像処理・音響分析などなど、時差に負けないようめいっぱいやりますよ。

    コーディネータ

    OpenOCDとLPC82x (2015/04/01)

    最近のOpenOCDはCMSIS-DAPを活性化してあり、LPC-LINK2CMSIS-DAP化したものが使えるので、LPC82xもOpenOCDから触れるという事になる。
    既存のlpc8xx.cfgはワークエリアの指定が小さいので、そこだけ変えたlpc82x.cfgを使ってほしい。
    openocd -s ./tcl -f daemon.cfg -f interface/cmsis-dap.cfg -c "adapter_khz 1000" -f target/lpc82x.cfg
    GCC Developer Liteに同梱されるFlash Writerはデーモン化させたOpenOCDとお話しできるので、Flash Write用にスクリプトさえ用意すればこちらも1クリックで書き込みできたりする。
    init
    adapter_khz 1000
    reset init
    flash erase_sector 0 0 31
    flash write_image erase unlock ($PGENE) 0 bin
    dump_image ($PGENETMP) 0x0 ($PGENESIZE)
    #verify_image ($PGENE) 0 bin
    reset run
    exit
    GCC Developer Liteでサポートされるのはもうすぐかな?

    技術

ブログのトップへ