ニュース

    IRPXセンサ入荷のお知らせ (2015/08/27)

    大変お待たせいたしました。
    近距離用赤外線センサ「BTE007 IRPXセンサ」の販売を再開いたしました。


    なお、本ロットから製造の都合に伴う改版がございますが、基本仕様及びサイズ等の変更はございません。よって、旧版と同型として取り扱っております。

    管理部

    夏季休業のお知らせ (2015/08/01)

    2015年8月10日(月)~2015年8月14日(金)の間は、夏期休業とさせていただきます。
    • 電話・FAXによるお問い合わせはお休みいたします。
    • 電子メールによるお問い合わせ及び、オンラインショップからのご注文は、2015年8月17日以降から順次対応させていただきます。
    • 緊急の際はご案内いたしております担当の直通電話にてお受けいたします。
    何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

    管理部

    年末年始休業のお知らせ (2014/12/25)

    2014年12月27日(土)~2015年1月4日(日)の間は、年末年始休業とさせていただきます。
    • 電話・FAXによるお問い合わせはお休みいたします。
    • 電子メールによるお問い合わせ及び、オンラインショップからのご注文は、2015年1月5日以降から順次対応させていただきます。
    • 緊急の際はご案内いたしております担当の直通電話にてお受けいたします。
    何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

    管理部

ニュースのトップへ

ブログ

    SIMPLE TERMのウィンドウサイズ (2015/08/17)

    面倒な設定が無い以外の特徴がないSIMPLE TERM。
    特段要望がある訳でもなく、レガシーなシリアルターミナルプログラムに落ち着いている。

    バッファに溜まったデータがだらだらと表示されるのは、最近の通信速度向上に描画が追いついていない。作者の怠慢と言われたので、久々に描画方法を一から見直して大幅な負荷率低減と描画速度を当社比300%向上。
    ついでに、80×24の固定だったウィンドウの文字数を任意に変えられるように変更。




    技術

    Windows10の仮想COMポートドライバ (2015/08/03)

    とりあえずだが、デバイスにかかわらず全般的におかしい。

    usbser.sysに依存したCOMポートを使っているシステムの場合は、Windows 10への移行は待った方が無難である。

    技術サポート

    ARGOS Challenge-1stコンペ 5日目(最終日) (2015/06/26)

    泣いても笑っても本日で1stコンペは終了。

    Speed Test。しかし亀級。
    他チームから心配されるが、既知だったり・・・。
    ここに乗り込む前にスポイルした機能でもあるが、輪をかけてパワートレインに何か起こっている。


    機能テスト。
    意地悪い条件に設定されたメータを自動識別するタスク。フェイクがあったりとけっこういやらしい。今の状態での打率はそこそこといったところか。


    午後からは持久走。
    しかし朝からの状態は解消しないことがわかっているので、そのまま挑む。


    予定調和の如くその時は訪れた。修理は不可能で途中リタイア。


    分かっていたことを踏まえるとちょっと消化不良ぎみだが、長いコンペがようやく終了。

    暑さと長時間のコンペでロボット以上に人が皆グロッキー。
    木陰が占拠される。


    終了セレモニーの前に撤収作業を終え、機材は一足先に帰国の途に。



    翌日、お疲れモードで帰国の途に。と思いきや、搭乗まであと数時間という時に土産物店のシャッターが閉まり、武装した軍隊により空港から排除される。
    不審物があったらしく、爆発物処理班が出動。
    いつの間にか事なきを得た様で、長蛇のセキュリティーチェックをかいくぐって予定通りの便で帰国の途に。ふへぇ

    コーディネータ

    ARGOS Challenge-1stコンペ 4日目 (2015/06/25)

    今日も新たなミッションをこなすべく、Engage!
    とはいえ現地ではコアパーツの補修ができないので半ば諦めも。


    おっとっと。出動する前に今日はバッテリのチェック。
    完全放電したバッテリがフル充電時される間を計測。

    最終的にはコンタクトレスチャージ化する計画だが、今回はプロトタイプなので個々のバッテリパックを取り外して充電。
    充電完了したバッテリは最終日の耐久レースに使用するため、審査員室に保管される。


    夕方からミッション2がスタート。手動と自律にてUMADを巡回しながら各チェックポイントの情報を取得。

    しかしながら、肝心のリフターが逝ってしまった状態でのロバスト性は考慮していないので散々な結果に・・・
    気を取り直す間もなく一日が終了。

    ちょっと消化不良なので、一緒にUMADを1周しますか。


    ちなみにいつもこんな感じで行き交ってます。

    コーディネータ

ブログのトップへ