11: 2011-03-31 (Thu) 18:16:46 takaboo source 12: 2011-04-01 (Fri) 18:37:28 takaboo source
Line 151: Line 151:
'SampleCode\Ruby'フォルダにサンプルが同梱されます。ポート・ボーレート・ID等は使用する環境に合わせて適宜修正して使用します。~ 'SampleCode\Ruby'フォルダにサンプルが同梱されます。ポート・ボーレート・ID等は使用する環境に合わせて適宜修正して使用します。~
[[Ruby:http://www.ruby-lang.org/ja]]はオープンソースの動的なプログラミング言語で、外部のDLLへ簡易にアクセスすることが出来ます。~ [[Ruby:http://www.ruby-lang.org/ja]]はオープンソースの動的なプログラミング言語で、外部のDLLへ簡易にアクセスすることが出来ます。~
-但し、バージョンによるアクセス方法の差異が存在します。 
-~バージョン1.9 
  require 'dl/import'   require 'dl/import'
  molude dxlib2   molude dxlib2
Line 160: Line 158:
  end   end
  devid = dxlib2.DX_OpenPort( "ポート名", ボーレート )   devid = dxlib2.DX_OpenPort( "ポート名", ボーレート )
-バージョン1.8 
-  require 'dl/import' 
-  molude dxlib2 
-   extend DL::Importable 
-   dlload "./dxlib2.dll" 
-   extern "int DX_OpenPort( char *, long )" 
-  end 
-  devid = dxlib2.dX_OpenPort( "ポート名", ボーレート ) 
***Python [#mc6a5a49] ***Python [#mc6a5a49]
Line 178: Line 168:
***Linux [#w5c096b8] ***Linux [#w5c096b8]
 +Linux上でのdxlib2のコンパイル方法を紹介します。~
 ++コンパイル準備~
 +ダウンロードファイルを解凍~
 ++オブジェクトファイルの作成~
 +  gcc dxlib2.c -o dxlib2.o
 ++共有ライブラリの作成~
 +RubyやPython等で使用する場合のみ。~
 +  gcc -fPIC -shared dxlib2.c -o dxlib2.so -lpthread -lrt
 ++コンパイル~
 +dxlib2のオブジェクトファイルとC言語ソースを合わせてコンパイルする。~
 +ポート・ボーレート等は使用する環境に合わせて適宜追加・修正する。~
 +ライブラリは必要に合わせて追加する。~
 +  gcc sample.c dxlib2.o -o sample -lpthread -lrt
 ++Windowsとの相違点~
 +起動時にattach()、終了時にdetach()を呼び出す。
**API [#ybae1454] **API [#ybae1454]


Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)