Back to page

− Links

 Print 

Backup diff of SIXAXISの設定 (No. 2) :: Besttechnology

Backup diff of knowledge:SIXAXISの設定(No. 2)

« Prev[4]  Next »[5]
1: 2010-04-27 (Tue) 15:58:15 sho[6] source[7] 2: 2010-04-27 (Tue) 17:20:37 sho[6] source[8]
Line 2: Line 2:
-SIXAXIS -SIXAXIS
-USBケーブル -USBケーブル
--FDIII-HCのMACアドレス+-パソコン
 +*FDIII-HCのMACアドレスの確認 [#o3e5fc64]
 +FDIII-HCをプッシュボタンを押しながらUSBケーブルでパソコンのUSBポートに接続します。
 +#ref(sixaxis2.png,100%)
 +----
 +
 +SIMPLE TERMを起動し、ブートローダに入ります。
 +スタート→すべてのプログラム→GCC Developer Lite→SIMPLE TERM
 +#ref(sixaxis3.png,100%)
 +----
 +
 +「b」を入力し、Bluetoothの設定モードに入ります。
 +#ref(sixaxis4.png,100%)
 +----
 +
 +「i」を入力すると、MY MAC:の後ろにFDIII-HCのMACアドレスが表示されるので、メモします。
 +#ref(sixaxis5.png,100%)
*パソコンにSIXAXISのドライバをインストールする [#l09ada13] *パソコンにSIXAXISのドライバをインストールする [#l09ada13]
-パソコンにSIXAXISを接続すると自動的にドライバがインストールされますが、自動的にインストールされたドライバでは、その後の操作ができませんので、ドライバを手動でインストールし直します。+ 
 +パソコンにSIXAXISを接続すると自動的にドライバがインストールされますが、自動的にインストールされたドライバでは、その後の操作ができませんのでドライバを手動でインストールし直します。
SIXAXISをUSBケーブルでパソコンのUSBポートに接続します。 SIXAXISをUSBケーブルでパソコンのUSBポートに接続します。
-デバイスマネージャを開きます。 +「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開きます。 
-スタート→コントロールパネル→(カテゴリ表示の場合のみ)パフォーマンスとメンテナンス→システム→ハードウェアタブ→デバイスマネージャ+スタート→ファイル名を指定して実行 
 +#ref(sixaxis7.png,100%) 
 +---- 
 + 
 +名前にdevmgmt.mscと入力し、OKをクリックします。デバイスマネージャが開きます。 
 +#ref(sixaxis8.png,100%) 
 +----
ヒューマンインターフェイスデバイスの+をクリックし、USBヒューマンインターフェイスデバイスをダブルクリックします。 ヒューマンインターフェイスデバイスの+をクリックし、USBヒューマンインターフェイスデバイスをダブルクリックします。
 +#ref(sixaxis9.png,100%)
 +----
USBヒューマンインターフェイスデバイスのプロパティの全般タブの「場所」に「場所0(PLAYSTATION(R)3 Controller)」と表示されていることを確認します。表示されていない場合は、他のUSBヒューマンインターフェイスデバイスを同様に確認します。 USBヒューマンインターフェイスデバイスのプロパティの全般タブの「場所」に「場所0(PLAYSTATION(R)3 Controller)」と表示されていることを確認します。表示されていない場合は、他のUSBヒューマンインターフェイスデバイスを同様に確認します。
 +#ref(sixaxis10.png,100%)
 +----
USBヒューマンインターフェイスデバイスのプロパティのドライバタブを開き、ドライバの更新をクリックします。 USBヒューマンインターフェイスデバイスのプロパティのドライバタブを開き、ドライバの更新をクリックします。
 +#ref(sixaxis11.png,100%)
 +----
ハードウェアの更新ウィザードが開きます。「いいえ、今回は接続しません」にチェックを入れ、次へをクリックします。 ハードウェアの更新ウィザードが開きます。「いいえ、今回は接続しません」にチェックを入れ、次へをクリックします。
 +#ref(sixaxis12.png,100%)
 +----
「一覧または特定の場所からインストールする」にチェックを入れ次へをクリックします。 「一覧または特定の場所からインストールする」にチェックを入れ次へをクリックします。
 +#ref(sixaxis13.png,100%)
 +----
「検索しないで、インストールするドライバを選択するにチェックを入れ次へをクリックします。 「検索しないで、インストールするドライバを選択するにチェックを入れ次へをクリックします。
 +#ref(sixaxis14.png,100%)
 +----
ディスク使用をクリックします。 ディスク使用をクリックします。
 +#ref(sixaxis15.png,100%)
 +----
参照をクリックし、先にダウンロードしたsixaxis_infフォルダ内のsixaxis.infを選択し、開くをクリックします。 参照をクリックし、先にダウンロードしたsixaxis_infフォルダ内のsixaxis.infを選択し、開くをクリックします。
 +#ref(sixaxis16_1.png,100%)
 +#ref(sixaxis16_2.png,100%)
 +----
OKをクリックします。 OKをクリックします。
 +#ref(sixaxis17.png,100%)
 +----
次へをクリックすると、ドライバのインストールが始まります。 次へをクリックすると、ドライバのインストールが始まります。
 +#ref(sixaxis18.png,100%)
 +----
インストールが完了したら完了ボタンを押します。 インストールが完了したら完了ボタンを押します。
 +#ref(sixaxis19.png,100%)
*SIXAXISの接続先設定 [#m11c42f2] *SIXAXISの接続先設定 [#m11c42f2]
Line 39: Line 84:
「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開きます。 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開きます。
スタート→ファイル名を指定して実行 スタート→ファイル名を指定して実行
 +#ref(sixaxis20.png,100%)
 +----
名前に「cmd」と入力して、OKをクリックします。コマンドプロンプトが開きます。 名前に「cmd」と入力して、OKをクリックします。コマンドプロンプトが開きます。
 +#ref(sixaxis21.png,100%)
 +----
先にダウンロードしたsixpairフォルダ内のsixpair.exeをコマンドプロンプトの上にドラッグ&ドロップします。 先にダウンロードしたsixpairフォルダ内のsixpair.exeをコマンドプロンプトの上にドラッグ&ドロップします。
 +#ref(sixaxis22.png,100%)
 +#ref(sixaxis22_2.png,100%)
 +----
コマンドプロンプト上でスペースを1つ空けてからFDIII-HCのMACアドレスを2桁ずつ:(コロン)で区切って入力し、Enterを押します。 コマンドプロンプト上でスペースを1つ空けてからFDIII-HCのMACアドレスを2桁ずつ:(コロン)で区切って入力し、Enterを押します。
 +#ref(sixaxis23.png,100%)
 +----
 +
 +「Setting master bd_addr to」の後に続くMACアドレスが、FDIII-HCのMACアドレスと一致することを確認します。
 +#ref(sixaxis24.png,100%)
 +----
 +
 +USBケーブルを抜いて、SIXAXISをパソコンから取り外します。
 +
 +*FDIII-HCの設定 [#t1b3b3d3]
 +
 +FDIII-HCをプッシュボタンを押しながらUSBケーブルでパソコンに接続し、SIMPLE TERMを起動してブートローダに入ります。
 +#ref(sixaxis26.png,100%)
 +----
 +
 +「b」を入力し、Bluetoothの設定モードに入ります。
 +#ref(sixaxis27.png,100%)
 +----
 +
 +「s」を入力すると、SIXAXISモードになります。
 +#ref(sixaxis28.png,100%)
 +----
 +
 +ESCキーを押してBluetooth設定モードを抜けます。
 +#ref(sixaxis29.png,100%)
 +
 +*FDIII-HCとSIXAXISの接続 [#ae0f481c]
 +
 +SIXAXISのPSボタンを押します。
 +
 +SIXAXISの1のLEDが点灯し、FDIII-HCのLEDが点灯したら接続完了です。
« Prev[4]  Next »[5]