7: 2021-02-07 (Sun) 19:21:59 takaboo source Cur: 2021-02-07 (Sun) 22:45:58 takaboo source
Line 2: Line 2:
#norelated #norelated
#contents #contents
-[[ショップページへ>http://www.besttechnology.co.jp/modules/onli​neshop/index.php?fct=photo&p=262]]+[[ショップページへ>https://www.besttechnology.co.jp/modules/onli​neshop/index.php?fct=photo&p=262]]
[[Dynamixelシリーズ一覧>DXLSeries]] [[Dynamixelシリーズ一覧>DXLSeries]]
Line 19: Line 19:
|本体 | 1|-| |本体 | 1|-|
|Robot Cable-X3P 180mm (JST-JST) | 1|-| |Robot Cable-X3P 180mm (JST-JST) | 1|-|
-|ボルトナットセット | 1式|-|+|ボルトセット | 1式|-|
***基本仕様 [#r462ecae] ***基本仕様 [#r462ecae]
Line 44: Line 44:
|認証|&ref(DXLSHARE/ce.png);&ref(DXLSHARE/fcc​.png);|<| |認証|&ref(DXLSHARE/ce.png);&ref(DXLSHARE/fcc​.png);|<|
#ref(2xl430-w250_property curves.png) #ref(2xl430-w250_property curves.png)
- 
-***各部名称 [#q2c02522] 
-#ref("2X430_NameOfEachDepartment.png",80%) 
--Horn~ 
-内蔵モータの出力を減速機を介して出力軸に伝達しており、その出力軸に取り付ける円盤。 
--Free Horn~ 
-出力軸のちょうど反対側のバックケースに付属し、出力軸とは連動しないフリー状態のホーン。 
***寸法・3Dデータ [#n5b69e89] ***寸法・3Dデータ [#n5b69e89]
Line 68: Line 61:
-電源と通信用信号ラインが接続 -電源と通信用信号ラインが接続
| Pats Name | JST Parts Number |h | Pats Name | JST Parts Number |h
-|基板用ヘッダー |[[B3B-EH>http://www.jst-mfg.com/product/detail.php?se​ries=58]] | +|基板用ヘッダー |[[B3B-EH>https://www.jst-mfg.com/product/detail.php?se​ries=58]] | 
-|ハウジング |[[EHR-3>http://www.jst-mfg.com/product/detail.php?se​ries=58]] | +|ハウジング |[[EHR-3>https://www.jst-mfg.com/product/detail.php?se​ries=58]] | 
-|ターミナル |[[SEH-00x>http://www.jst-mfg.com/product/detail.php?se​ries=58]] |+|ターミナル |[[SEH-00x>https://www.jst-mfg.com/product/detail.php?se​ries=58]] |
#ref(DXLSHARE/jst_B3B-EH.png) #ref(DXLSHARE/jst_B3B-EH.png)
| 端子番号 | 信号名 |h | 端子番号 | 信号名 |h
Line 76: Line 69:
|2 |VDD | |2 |VDD |
|3 |TTL Signal | |3 |TTL Signal |
- 
-***基本的な固定方法 [#fef2911b] 
-本体に予め用意された16カ所の穴は、いずれも深さ4mmです。フレームなどの厚みを考慮した適切な長さのネジを使用しない場合、内蔵機器とネジが干渉し損傷します。~ 
-また、Φ2.1mmの穴が空いているだけですので、必要に応じて雌ネジ(M2.5~M2.6を推奨)の山を切る必要があります。 
--正面・背面からの固定~ 
-#ref("XL430_front_mount.png") 
--両側面からの固定 
-#ref("XL430_side_mount.png") 
--底面からの固定 
-#ref("XL430_bottom_mount.png") 
***出力軸背面からのケーブル引き出し [#g4d931a7] ***出力軸背面からのケーブル引き出し [#g4d931a7]
ケーブルの配線ルートを最適化する際に、出力軸と同じ軸からケーブルが引き出せるとケーブルへのストレスが軽減できる場合があります。背面のフリーホーン(別売)を外した空間からケーブルを引き出す事ができます。 ケーブルの配線ルートを最適化する際に、出力軸と同じ軸からケーブルが引き出せるとケーブルへのストレスが軽減できる場合があります。背面のフリーホーン(別売)を外した空間からケーブルを引き出す事ができます。
-#ref("Dynamixel XL430-W250/XL430_combination.png")+#ref(2xl430_idler_assembly.png,70%)
**使用するにあたり[#f65783d3] **使用するにあたり[#f65783d3]


Front page   Diff ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)